メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ヤオコー/デリカ・生鮮センター、食品安全マネジメントシステム国際規格を認証

2016年02月26日商品 経営

ヤオコーは2月25日、自社センターの「ヤオコーデリカ・生鮮センター」について、食品安全マネジメントシステムの国際規格「ISO22000」の認証を取得したと発表した。

ISO22000はHACCP(危害分析重要管理点)の食品衛生ハザードのリスク分析手法とISO9001(品質マネジメントシステム)の考え方をそれぞれ取り入れ、国際標準化した食品安全マネジメントシステム(FSMS)。

■「ISO22000」認証取得の概要
取得組織名称:ヤオコーデリカ・生鮮センター
所在地:埼玉県東松山市坂東山5
登録範囲:下処理鶏肉、餃子、メンチカツを含む食肉加工品、そうざい
サラダ、餡及び液体調味料の製造、サラダ油の充填
適用規格:ISO22000:2005
登録番号:YKA4005316
登録日:2016年1月31日
審査機関:ロイドレジスタークオリティアシュアランスリミテッド

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方