小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファンケル/男性ホルモンに着目したサプリ「効年」

ファンケルは10月20日、ファンケル初の男性ホルモンに着目したサプリメント「効年(こうねん)」を発売する。

<効年>
効年

男性ホルモンは、加齢やストレス、生活習慣の影響によって減少する。特に40代から50代は、男性ホルモンの減少によって心身の変化が起こりやすい時期とされている。同製品は、「トンカットアリ」と「ジオスゲニン」、「亜鉛」、「ビタミンD」の男性ホルモンに関わる4つの成分を厳選して配合している。

「トンカットアリ」は、マレーシアの熱帯雨林に生息する希少な植物。エネルギーや活力に関わるハーブとして現地では古くから用いられている。また、数あるトンカットアリ原料の中でも安全性や品質、機能が優れているとされる「Physta(フィスタ)」を使用している。

「ジオスゲニン」は、ヤマイモに多く含まれている活力の源となる成分。「亜鉛」や「ビタミンD」は、男性力を高めることが期待される。これら4つの成分により中高年男性の活力ある毎日をサポートする。

内容量は90粒(30日分)、価格が4860円(税込)。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧