小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/RIZAP監修シリーズ初のサンドイッチ

ファミリーマートは11月21日、RIZAP監修の新商品として、糖質を50%低減させたパンを使用した「RIZAP ハムとチーズのサンド」など、糖質量とおいしさにこだわった新商品5種類を発売する。

<ハムとチーズのサンド>
RIZAP ハムとチーズのサンド

「ハムとチーズのサンド」は、ハム、チーズ、ゆで玉子、レタスをサンドした商品。一般的な食パンに比べて、糖質を50%低減させたパンを使用している。

税抜価格276円、糖質16.8g、245kcal(1食あたり)。

<クリームワッフル>
クリームワッフル

「クリームワッフル」は、クリームやワッフル生地の糖質をおさえつつも、ほど良い甘さを実現したワッフル。

価格が125円、糖質8.1g、71kcal(1個あたり)。

<チキンと4種の野菜カレー>

「チキンと4種の野菜カレー」は、鶏肉と玉ねぎ、赤ピーマン、えだ豆、たけのこの入った、具材感のあるカレー。トマトの風味が溶け込んだ爽やかな味わいに仕上げた。

価格が276円、糖質4.9g、84kcal(1食あたり)。

そのほかに、「ミルクチョコレートプリン」(158円)、「くるみロール」(128円)をラインアップした。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧