メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

天丼てんや/天丼500円を540円に値上げ、1月11日から

2017年12月11日商品

ロイヤルホールディングスは12月11日、「天丼てんや」を運営するテン コーポレーションが2018年1月11日から、天丼の値上げをすると発表した。

<価格改定の内容>
価格改定の内容

売上No.1の看板商品の天丼は税込500円を540円に、小天丼は450円を470円に、えび野菜天丼は630円を650円に、海老穴子天丼は970円を980円に、天ぷら盛り合わせは430円を460円に、お得天ぷら盛り合わせは840円を890円に、それぞれ値上げする。

丼のご飯の大盛は、150g100円増だったが、130gで80円増となる。丼のご飯の小盛は50円引きを30円引きに改定する。

定食のご飯は、お替り自由だったが、大盛無料に変更する。

天丼てんやは、創業以来ワンコイン天丼チェーンとして運営しているが、過去に消費税増税に伴い、税込価格が500円を超えた時期がある。

2014年に消費税が5%から8%に増税された際は、税込価格を500円に据え置き、本体価格を引き下げている。

今回は、業務用の米やエビなどの原材料費のほか、人件費・物流費などのコストの上昇が続いており、食材の選定方法の見直しや省人化機器の導入などに努めたが、コスト上昇分を吸収できなかったという。

天丼の値上げに伴い、毎月18日、10月8日に実施していた、天丼を税込390円で販売する「てんやの日」のキャンペーンも見直しをする。

なお、2018年1月11日から、「天丼・天丼弁当」に限り、期間限定でご飯の大盛を無料で提供するキャンペーンを実施する。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方