流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





サントリー/「伊右衛門」リニューアル、キレを強化

2019年02月04日 10:50 / 商品

サントリー食品インターナショナルは3月5日、「伊右衛門」(希望小売価格税別140円、525mlなど)をリニューアルする。

<新・伊右衛門>
新・伊右衛門

2004年の発売の「伊右衛門」は、創業200年以上の歴史をもつ、京都の老舗茶舗「福寿園」の茶匠が厳選した茶葉を使用した本格緑茶。

近年、生活スタイルの変化による緑茶のRTD化が進行している。「伊右衛門」は、急須の本格的な味わいと、RTD緑茶としてのおいしさを両立させた緑茶を目指し、中味・パッケージとも改良する。

中身は、抹茶の原料を上質な一番茶のみにすることで、より一層、急須のお茶にあるような深みや厚みのある味わいを目指した。

また、新たに甘みや香ばしさが豊富な「焙煎抹茶」と、伊右衛門独自の微粉砕制御技術を活用することで、RTD緑茶としてのキレ(清涼感)を強化している。

対象となる内容量は525mlペットボトル、2リットルペットボトルなど。

パッケージは、老舗茶舗の象徴である暖簾を白色に刷新し、新しくなった伊右衛門を表現した。

中味の一番の特長である「抹茶の甘み」の文字を配し、おいしくなった味わいを訴求するデザインに仕上げた。

<価格一覧>
価格一覧

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧