小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/女性客数50%目標「ポケチキ」「チルド弁当」強化

ファミリーマートは5月14日、一口サイズのフライドチキン「ポケチキ」(各税込200円)3種を発売する。「ポケチキ」を含む新商品説明会が5月10日に行われた。

<ポケチキ>
ポケチキ

プレーン・チーズ・ホットの3種類の味で展開、ナゲットとからあげの良いとこどりの商品で、食べやすく、小分けしやすく仕上げ、女性客獲得に向け、開発された。

現在、同社の顧客層は、男性60%、女性40%の割合となっている。一方で、小分けしやすいフライドポテトの「ファミポテ」(158円)の購買層は、女性が55%以上となっている。

「ファミポテ」にヒントを得て開発された「ポケチキ」は、「ポケチキ」は、1粒5㎝の一口サイズで、シェアしやすい5個入りとし、現在取れていない女性客の獲得を目指す。

「小腹を満たしたい時」「おつまみとして」だけでなく、「プラスもう一品」「おかずを作るのが面倒な時」需要などを取り込み、女性の購買を伸ばし、来店客の男女比50%、50%にしていきたい考えだ。

肉は、健康志向から需要の高まる鶏むね肉を使用。鶏むね肉を挽肉にするのではなく、繊維を壊さないように粗めにカットし一口サイズに成形し、ジューシーに仕上げた。

「チーズ」は、鶏肉と相性の良いチェダーチーズで肉に味付けをし、食べた瞬間からチーズ感が広がる味付けにした。

「ホット」は、6種類の特製スパイスで肉に味付けをし、衣にも4種類の特製スパイスを入れることで、コクのある優しい辛さに仕上げた。

<とろ~りチーズソースのデミハンバーグ丼>
デミハンバーグ丼

また、同日からチルド弁当のラインナップを約1.5倍(2018年度下期対比)に拡大し、「とろ~りチーズソースのデミハンバーグ丼」、「まぜて食べる!ガパオライス」(各498円)を発売する。

<まぜて食べる!ガパオライス>
ガパオライス

チルド弁当は、製造から販売までチルド温度帯(10℃以下)で温度管理をするため、通常のお弁当では使用できなかった生鮮野菜、サーモン、とろろなどチルド専用の食材を使用することができる。

2019年度は、従来の中華・卵系商材から、洋風、エスニック風の弁当まで幅広く、従来の7アイテムから11アイテムまで伸ばす。

弁当の販売時間が通常の低温弁当(約15時間)の約5倍(約72時間)となることから、買い置き需要に対応、フードロス削減も期待できる。

さらに、同社によると、常温弁当は女性の購入率が30%程度だが、チルド弁当は41%と女性比率が高い。特に20~40代女性の支持が高く、チルド弁当を女性客を増やすための戦略的商材と位置付けている。

「とろ~りチーズソースのデミハンバーグ丼」は、カフェメニューでも人気の高いロコモコ風に仕上げた。牛豚合挽ハンバーグは、肉の食感とジューシーな味わいが楽しめる。

コクのあるデミグラスソースに4種類(チェダー・ゴーダ・モッツアレラ・カマンベール)のチーズソースをトッピングした。

「まぜて食べる!ガパオライス」は、本格的な味わいのホーリーバジルを使用したガパオ炒めに彩りの良いゆで卵・ブロッコリー・パッタイ風春雨などを合わせた。

<アイス抹茶ラテ、アイスココア>
アイス抹茶ラテ、アイスココア

5月12日には、「FAMIMA CAFE」の新商品として、「アイス抹茶ラテ」、「アイスココア」(税込258円)を発売。

朝、男性客が購入することが多いカウンターコーヒーに比べ、ホットの「抹茶ラテ」「ココア」の購入者の68%が女性で、午後のデザート、リフレッシュタイムのために購入していることがわかっており、アイスのデザート系ドリンクでも女性客の取り込みを図る。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧