小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本生協連/プラスチック包材へのコープ商品対応方針発表

商品/2019年06月14日

日本生活協同組合連合会は6月14日、2030年を目標年とするプラスチック包材へのコープ商品対応方針を発表した。

<CO・OPラベルのない水(あずみ野)>
CO・OPラベルのない水(あずみ野)

まず、コープ商品の開発でマイクロプラスチックを使用しない。2030年までに、容器包材のプラスチック重量ベースで2016年対比25%となる約5195トンを削減する。

2030年までに、再生プラスチックと植物由来素材プラスチックの活用を進め、使用率を合計で50%に引き上げる。同時に、ストローはプラスチック以外の素材に100%切り替える。

コープ商品で使用するプラスチック包材について「リデュース(使用量削減)」「リユース(繰り返し使用)」「リサイクル(再資源化・再生)」「バイオマス(植物由来素材利用)」の4つの視点で、環境対応の取り組みを推進する一環。

これまでに、年間3700万本以上の集荷量がある「CO・OPただの炭酸水」のペットボトル本体を2017年4月に軽量化したことにより、2019年3月までの2年間でプラスチック使用量を495トン削減した。

2019年6月1日には、ペットボトルにラベルフィルムをつけないことで1ケースあたりのプラスチック使用量を5.16g削減した「CO・OPラベルのない(あずみ野)」を発売している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧