小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/3年で3億5000万本販売「炭火やきとり」一新

商品/2019年08月02日

ファミリーマートは8月6日、カウンターファストフードの看板商品「炭火焼きとり」をリニューアル発売する。

炭火焼きとりは、2017年6月から販売しているファミリーマートのカウンター商材「ファミ横商店街」の看板商品で、3年間の累計販売本数は、3億5000万本を超えた。

<新・炭火焼きとり>
新・炭火焼きとり

サークルK・サンクスの人気商品であった焼きとりのノウハウを活かしながら、 鶏肉の食感やタレの味わい、塩の振り付けなどに改良を加えた。

ももタレ、かわタレ、もも塩、かわ塩(各税込128円)を通年販売している。ハラミタレは、一部の地域を除き128円で通年販売する。数量限定で8月6日から、ももにんにく(タレ)、おび肉(タレ)を各138円で販売する。

今回、「もも(タレ・塩)」は、余分な脂をそぎ落とし、かわの食感を改良した。タレは、隠し味に赤ワインを使用し、甘み・旨味が増し、後味がすっきりしたタレに仕上げた。塩は、振り塩だけでなく、下味の塩にも長崎県五島灘の海水塩を使用することで、より旨みが感じられる仕立てにした。

「ももタレ」は、炭火で2度焼きすることで、鶏の旨みを閉じ込め、香ばしさをアップした。

リニューアルを記念して8月6日~12日、1本につき10円引き、ファミペイアプリを提示で1本につき30円引きとなる「炭火焼きとり」セールを実施する。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧