小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン、ウエルシア/初の共同出資会社、ナチュラルコスメで若年層狙う

商品/2019年08月30日

イオンとウエルシアホールディングスは8月30日、フランスのボタニカルビューティケアブランド、YVES ROCHER(以下:イヴ・ロシェ)の独占販売を行う初の共同出資会社「イオンレーヴコスメ」を設立したと発表した。同日、都内でマスコミ向け発表会を開催した。

<イヴ・ロシェ導入で若年層取り込む>
イヴ・ロシェ導入で若年層取り込む

11月中旬の首都圏のウエルシア30店、イオンリテール70店、ダイエー(ボタニカルショップ)5店など約100店舗とECでのイヴ・ロシェ商品39品の販売開始を皮切りに、2020年度には全国に展開。化粧品販売シェア国内第1位(約2500店、2018年同社調べ)の店舗網を活かし、2025年度までに全国約2000店舗での販売を目指す。

<池野隆光会長>
池野隆光会長

ウエルシアHDの池野隆光会長は、「ドラッグストアでは、ナチュラル・オーガニックコスメの需要があり、特に調剤併設店では、健康志向がマッチし人気。ただ、価格が高く、商品数が少ないことがネックだった。低価格で高品質、オリジナリティのあるイヴ・ロシェ商品で若年層を取り込み、客層を広げる」と話した。

<600円から買えるナチュラルコスメ>
800円から買えるナチュラルコスメ

1959年フランスに創業、60年の歴史を持つイヴ・ロシェは、約90カ国に6700以上の店舗を展開している。ヘアケア、ボディケア、スキンケア、フレグランスなど天然由来の原料を使用した商品が人気。先行して出店した韓国では、洗い流すトリートメント「リンシングビネガー」が2015年発売以来130万本のヒット商品になっている。

日本では「シャワージェル」(税別600円、200ml)、「濃縮シャワージェル」(800円、100ml)、「ヘア&ボディミスト」(1200円、100ml)、「リンシングビネガー」(1000円、150ml)など買いやすい価格の商品を導入していく。

メインターゲット層は、10代後半~20代の女性(女子高生、女子大生)、サブ・ターゲットに30~40代女性を想定している。

<左から二人目中島社長>
左から二人目中島社長

イオンレーヴコスメの中島裕子社長は、「健康や環境に配慮した商品が注目を集める中、日本のナチュラル・オーガニックコスメ市場は、化粧品市場シェアは5%程度だが、年率5%程度成長しており、さらなる伸長が期待されている。今まで、ナチュラル・オーガニックコスメが広まらなかったのは、価格が高いのと、買う場所が限られていたためだとみている。イヴ・ロシェは手頃で毎日使える価格。今後、イオンのコスメ売上のうち、10%までナチュラル・オーガニックコスメの比率を高めたい」と説明した。

<ウエルシア、イオンリテール、ダイエー約100店で導入>
約100店で導入

■イオンレーヴコスメ
設立日:2019年8月27日
本社所在地:千葉市美浜区中瀬1-5-1
代表取締役:中島 裕子(イオンコスメティック事業担当責任者 兼任)
事業内容:化粧品の輸入販売業および小売販売業他
出資比率:イオン70%、ウエルシアホールディングス30%
商品販売:11月中旬より販売予定
展開店舗: ウエルシア薬局、イオンリテール、ダイエーなどの店舗

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧