小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

無印良品/繰り返し使える「オーガニックコットンのマスク」販売

商品/2020年05月26日

無印良品を展開する良品計画は5月26日、オーガニックコットン素材に抗菌防臭加工をした夏素材の布マスク3種の販売を開始した。

5月1日から販売している「繰り返し使える2枚組・三層マスク」(本体999円)に商品を追加するもの。

<無印良品のマスク>
無印良品のマスク

6月上旬に「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」、6月中旬に「繰り返し使える2枚組・マスク(ムラ糸天竺編み)」、6月下旬に「繰り返し使える2枚組・マスク(鹿の子編み)」を各999円で、急事態宣言の解除がされ営業を再開した店舗で販売する。

これら夏素材マスクは、無印良品のTシャツやパジャマを生産したときに出るオーガニックコットンの残布を再利用したもの。自社内試験結果に基づく、洗濯耐久性は、手洗いの場合で約30回となっている。

「新型コロナウイルス感染症拡大を背景に、マスクは日常生活の必需品となった。毎日つかうものだから、肌触りが良いものを。ゴミになってしまう使い捨てではなく、手洗いすることで繰り返し使えるものを。無印良品はこれまでの商品開発の背景を活用し、綿100%の布地を使った繰り返し使えるマスクを生産した」(同社)。

飛沫防止用に表地に抗菌防臭加工を施した「繰り返し使える 2枚組・三層マスク」は5月1日から無印良品ネットストアにて販売し、すでに約100万枚を販売した。今後も継続して販売を続ける。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧