流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ローソン/食塩不使用カレー第2弾、販売店舗を1700店に拡大

2020年06月12日 10:20 / 商品

ローソンは6月16日、東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏の一部ローソン店舗とナチュラルローソン店舗で、 食塩・化学調味料不使用の「玄米のダールカレー(レンズ豆)&カシューナッツチキンカレー」(税込498円)を発売する。

<玄米のダールカレー(レンズ豆)&カシューナッツチキンカレー>
玄米のダールカレー(レンズ豆)&カシューナッツチキンカレー

味付けや原材料に食塩を使用していないカレーの第2弾。ローソンは、2020年3月に、食塩・化学調味料不使用の「玄米のダールカレー(レンズ豆)&ココナッツチキンカレー」をナチュラルローソン店舗で発売した。

Pontaデータによると、購入者の約7割が女性客で、特に30~50代の女性客を中心に好評となり、発売1週間の総販売数はナチュラルローソンの弁当カテゴリーにおいて1位となった。今回、第2弾となる新商品を、販売店舗数をナチュラルローソンと首都圏のローソン、約1700店に拡大する。

「商品の開発では、さまざまなトップアスリートの食のサポートするフレンチシェフの松嶋啓介氏に、原材料の調達や調理方法などアドバイスを得た。カルダモン、クミン、ターメリックなど多種類のスパイスを配合し、じっくり煮込むことで素材のうまみを感じられる仕立てにし、食塩・化学調味料不使用を実現した」(同社)。

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧