小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アサヒ/たんぽぽの根、ヒマワリの種採用「十六茶」リニューアル

アサヒ飲料は2月2日、「十六茶」を中味・パッケージともにリニューアルし、発売する。

<リニューアルされる「十六茶」>
リニューアルされる「十六茶」

新たに近年注目の健康素材「たんぽぽの根」、「ヒマワリの種」を採用し、「東洋健康思想に基づいて厳選された16素材」をブレンド。

「素材由来のミネラル」(カリウム・マンガン)、「カフェインゼロ」というこだわりのもと、すっきりゴクゴク飲めるおいしさに仕上した。

パッケージは、16素材を印象的にあしらい、一体化させた新たな十六茶ロゴを採用。

ブランドコア価値である「16素材の健康ブレンド茶であること」が一目で分かるように商品特長の訴求を強化している。

1993年に発売された「十六茶」は、2005年から「カフェインゼロ」として生まれ変わり、今年で12年目をむかえる。

無糖茶市場の流れをとらえるとともに、「健康的な水分補給」、「明るく元気」というブランドコンセプトの浸透が進み、2010年から6年連続で成長を続け、昨年までで4年連続2000万箱を突破している。

内容量は250ml~2リットル。希望小売価格(税別)が80~330円。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧