小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

味の素/iPS/ES細胞用培地を米国で研究機関向けに販売開始

味の素は9月16日(米国現地時間)、高性能な基礎研究用iPS/ES細胞用培地「StemFit」Basic02を米国で研究機関向けに販売開始する。

<「StemFit」Basic02>
「StemFit」Basic02

日本国内で実績のある当社のiPS/ES細胞用培地「StemFit」シリーズを、グローバル市場に展開する第1弾。

再生医療研究は、その臨床応用や実用化に向けて最も研究が盛んで大きな進展のみられる研究領域の一つ。

再生医療に関連する装置類や消耗品類、サービス類等の周辺産業の将来市場規模は、2012年時点で全世界で2400億円、その約半分を米国が占めている。

2050年には15兆円にまで成長すると見込まれている(2013年、経済産業省調べ)。

同社は、2014年に京都大学iPS細胞研究所と共同で「StemFit」AK03を開発し、再生医療の臨床研究用培地として国内の関連施設に提供してきた。

2015年にこの「StemFit」AK03と同組成・同性能の基礎研究用培地「StemFit」AK02Nを発売。

さらに、バイオ技術で作成したリコンビナントタンパク質を利用することにより、動物やヒトに由来する成分を全く含まず、精製された成分のみで構成された国内唯一の臨床研究用培地「StemFit」AK03Nを2016年7月に発売した。

現在、日本国内において基礎研究用と臨床研究用の2種類のラインアップで「StemFit」シリーズを展開している。

「StemFit」シリーズは、iPS/ES細胞の増殖用培地として世界最高水準の性能を備えており、培地交換の頻度や増殖率、安定性の面において他社製品に比し、高いコストパフォーマンスを実現し、国内で高い評価を得ているという。

今回同社は、基礎研究用培地「StemFit」AK02Nをベースにグローバル市場向けに開発した「StemFit」Basic02を世界市場をリードする米国で研究機関向けに発売。

販売においては、グローバルに再生医療関連の研究をサポートするリプロセルの米国法人(リプロセルUSA社)と提携し、米国の再生医療研究機関に広く提供していく。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧