メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

バーミヤン/平日限定定食を16種類に拡充、終日同一価格で提供

2021年05月19日商品

関連キーワード:

バーミヤンは5月20日から、平日限定の定食を大幅にリニューアルする。個食需要の高まりや時間帯によらず定食を楽しみたいという顧客の要望を受け、メニューの拡充や終日同一価格での提供、新しい定食メニューを設けるなどの取り組みを実施する。

<定食リニューアルの案内>

今回、平日限定の定食を「バミ定」と名付け、肉料理を中心に「中華逸品定食」「飯定食」「麺定食」といったカテゴリーで定食のメニューを16種類まで増やした。

<ジューシー牛カルビのオイスター炒め定食>

「中華逸品定食」は「ジューシー牛カルビのオイスター炒め定食」(税込879円)、「本格焼餃子・焼売定食」(659円)、「たっぷり野菜炒め定食」(769円)、「獅子頭(シーズートウ)~自家製ジャンボ肉団子の醤油あん~定食」(879円)を提供する。定食にはおかわりり自由のスープバーと漬物が付く。

<天津飯と半ラーメン定食>

「飯定食」では、「天津飯と半ラーメン定食」(899円)、「チャーハンと餃子[3コ]定食(681円)、「麻婆チャーハン定食」(769円)を販売する。

<バーミヤンラーメンと餃子[3コ]定食>

「麺定食」は、「バーミヤンラーメンと餃子[3コ]定食」(681円)、「野菜たっぷりタンメンとアンニンドウフ定食」(879円)、「担担麺と餃子[3コ]定食」(899円)、「チャーシューと黒マー油の味噌ラーメンと小ごはん定食」(879円)をそろえた。

麺の量や種類は選ぶことが可能で、「自家製中華麺」か「自家製翡翠麺」を選んだ場合は、プラス110円を支払う。

また、ランチタイム限定の「日替わりランチ」とは別に、ギョーザが3つ付く「日替わり定食」(769円)を新たにメニューに加えた。内容は日替わり主菜、焼餃子3個、大盛り無料のごはん、おかわり自由のスープバーになる。

<日替わり定食の「チキンのチリソース定食」>

定食は、月曜日が「チキンのチリソース定食」、火曜日は「茄子と挽き肉のピリ辛炒め定食」、水曜日が「鶏肉と野菜の甘酢炒め定食」、木曜日は「塩麹ムネ肉の豆鼓炒め定食」、金曜日が「サバとからあげの甘酢醤油定食」を販売する。

定食は、全メニューで昼も夜も同じ価格で提供。55円引きで、ごはんを少なめにしたり、22円引きでスープバーを定食から外したりといったこともできる。

そのほか、定食セットの特別価格で「餃子[3コ]」(110円)、「半チャーハン」(299円)、「アンニンドウフ」(175円)、「ドリンクバイキング」(175円)を販売する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方