メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/手巻おむすびフィルムの一部にバイオ素材使用

2022年04月04日商品

関連キーワード:

ファミリーマートは4月4日、手巻おむすびフィルムの一部をバイオ素材を使用した環境に配慮した包材に変更し、年間約7トンの石油系プラスチックを削減すると発表した。

<手巻おむすび>
手巻おむすび

「ファミマecoビジョン2050」の取り組みの一環として、4月5日から「味付海苔 たまごかけごはん風」(税込130円)など、手巻おむすびの包材フィルムの一部をバイオPPを使用したフィルムに変更し、東北、関東、中部、北陸地域の店舗から順次、導入する。

ファミリーマートは、2020年2月に「ファミマecoビジョン2050」を策定し、持続可能な社会の実現に貢献するため、2030年と2050年に向けた中長期目標として、「温室効果ガス(CO2排出量)の削減」「プラスチック対策」「食品ロスの削減」の3つのテーマに基づき数値目標を設定している。

今回はその一環として、手巻おむすび全商品の包材フィルムをバイオ素材への配合に変更することにより、年間約7トンの石油系プラスチックの削減が見込まれる。同社によると、「マスバランスアプローチによるバイオPPフィルムを使用した商品化は、日本初の取り組みだ」という。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方