メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

横浜市/「出前館」とデリバリーで連携「市内飲食店」登録料を免除

2020年05月18日行政

横浜市は5月15日、出前館と横浜市内の飲食店や商店街のフードデリバリーを支援する「横濱デリバリー!」に関する連携協定を締結したと発表した。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける横浜市内の飲食店、商店街へのフードデリバリーシステムの提供を通じ、横浜経済の活性化、市民生活の利便性向上の実現に寄与することを目指す。

出前館は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける、横浜市内の飲食店、商店街に対し、10月末まで新規登録料2万円を免除する。

<「横濱デリバリー!」イメージ>
横濱デリバリー!

横浜市は、横浜市内の飲食店や商店街と出前館との連携に向けて、情報提供など協力。広報、プロモーションでは相互に協力を行う。

また、横浜市は、新型コロナウイルスの感染拡大により、厳しい状況にある飲食店を応援するため、横浜市内のテイクアウトやデリバリーができる店舗をリスト化し、紹介している。

テイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(宅配・出前)を行う飲食店が登録した情報は、企業や一般人がウェブサイトなどで自由に使えるように、オープンデータでも公開している。店舗登録は無料となっている。

■出前館
https://demae-can.com/

テイクアウト&デリバリー横浜

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月07日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方