メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

埼玉県/県産牛乳の消費拡大「イオン」で牛乳販売

2020年05月22日行政

埼玉県は5月19日から、「新型コロナウイルスに負けない!埼玉県産農産物みんなで応援キャンペーン」の一環として、包括的連携協定に基づきイオンリテール北関東カンパニーに働きかけを行い、「イオン熊谷店」「同羽生店」で埼北酪農業協同組合が製造した牛乳の販売を開始した。

新型コロナウイルス感染防止のため、県内の小・中学校、高等学校の休校が続いており、学校給食での牛乳の提供も休止している。そこで、日頃、学校給食用に提供している県産牛乳の消費拡大を図り、酪農家を支援する。

量販店での埼北酪農業協同組合製造の牛乳販売は初めての取り組み。

1リットル紙パックを本体198円で販売する。1日当たりの販売本数は、イオン熊谷店60本、イオン羽生店40本。

5月23日(土)は、イオン与野店で400本、イオン大宮店で100本を販売する予定だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方