小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

凸版印刷、アイズファクトリー/AIで複雑な顧客分析を自動化

凸版印刷とアイズファクトリーは6月14日、機械学習を活用した見込み度(予測反応確率)の高い顧客の抽出をもとに、DM制作・発送を行う「AI-DM」とアウトバウンドコールを実施する「AI-コール」を開発し、本格的に提供を開始すると発表した。

<サービスイメージ>
サービスイメージ

凸版印刷は、購買データの分析による効果的なマーケティング施策の提案から、DMの制作・発送やアウトバウンドコールの実施など、トータルソリューションサービスを提供している。

アイズファクトリーは、300以上のデータ解析プロジェクトの実績をもとに開発した、機械学習機能を内蔵する自動進化型のデータ解析プラットフォーム「bodais」を提供している。

今回提供する「AI-DM」と「AI-コール」は、顧客一人ひとりの過去の購買実績や会員属性などのデータを活用し、ターゲット候補から見込み度の高い顧客を抽出、その顧客へのDM制作・発送とアウトバウンドコールをワンストップで行うサービス。

凸版印刷がこれまで培ってきたデータ分析力や企画・制作力と、アイズファクトリーの「bodais」を組み合わせ、従来煩雑なデータ分析が必要だった高見込み客の抽出を、機械学習を活用することにより素早くかつ安価に実現することを可能にした。

DM制作・発送やアウトバウンドコールまでをワンストップで実施し、限られた予算内で見込み度の高い顧客への高精度なアプローチをすることが可能できるという。

DM発送やアウトバウンドコールを実施する際、限られた予算でより多くの顧客の反応を獲得することは、通販業界や小売業界の多くの企業が抱える課題となっている。

一般的には、過去の購入金額の上位者やRFM分析で把握した優良顧客に限定した施策を行いますが、「購入金額やRFMランクは低い顧客」に対しては施策を行えておらず、このような見込み度の高い顧客を抽出するには、手間やコストがかかるばかりでなく、特定の顧客に偏ってしまうという問題がああった。

このような課題を解決するため、凸版印刷がこれまで培ってきたデータ分析力や企画・制作力と、アイズファクトリーの「bodais」を融合した。

機械学習を活用した購買データ分析による見込み度の高い顧客の抽出をもとに、DM制作・発送を行う「AI-DM」およびアウトバウンドコールを実施する「AI-コール」を開発した。

過去の購入履歴や性別・年代などの会員属性の情報を組み合わせ、見込み度を算出するためのモデルを簡単に作成。煩雑なデータ分析を行う必要がないため、費用対効果を高めることができる。

見込み度の高い顧客の抽出に加え、その顧客に対するDM制作・発送やアウトバウンドコールの実施も併せてトータルに提供する。

価格はAI-DMが85万円~(1万通、ハガキサイズ。印刷費込み、送料別途)、AI-コールは250万円~(1000件のアウトバウンドコール実施)。

見込み客の抽出のみの実施も可能で、分析対象のデータ数に応じて、金額は変動する。

凸版印刷は今後、サービスを通販業界、小売業界、自動車メーカーや不動産業界など、さまざまな企業に拡販し、関連事業を含め、凸版印刷として2017年度に約1億円の売上を目指す。

今後も、両社のノウハウを活かした新たなサービスの開発、提供を進めていきます。

■bodais
https://bodais.com/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧