小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

すかいらーく/2800店に「Shop らん」導入、本部・店舗間の情報共有効率化

すかいらーくは6月4日、ドリーム・アーツのクラウドサービス「Shop らん」を導入したと発表した。

<「Shop らん」機能イメージ>
「Shop らん」機能イメージ

「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」「夢庵」「ステーキガスト」など20以上のブランドを全国展開しているすかいらーくグループは、社内コミュニケーションの改革を通じたお客満足度の向上を目的として「Shop らん」を導入した。

すかいらーくグループの全国約2800店舗、約9万5000名において、6月4日より利用を開始した。

「Shop らん」導入により、エリアマネジャー・本部から発信される施策・指示の作成方法をテンプレートで標準化。

作成された施策・指示は、店舗で実施すべき具体的な作業(=ToDo)に自動展開する。

作業完了報告は店舗のワンタッチ操作でエリアマネジャー・本部に自動送信できる。

エリアマネジャー・本部による各店舗の作業完了確認業務の負担軽減などを期待している。

すかいらーくでは、本部から店舗への指示や店舗からの作業報告も多岐にわたる。

一方、エリアマネジャー・本部は、さまざまな施策や連絡事項を確実に店舗に伝達し、作業の進捗を迅速に把握することが求められる。

そのため、同社では店舗運営システムの全面刷新をきっかけに、店舗や本部に求められる役割や機能が変化するスピードにあわせて継続的に成長するシステムの検討を開始。

さまざまなシステムを比較検討するなか、大規模チェーンストアでの導入実績やノウハウを多く持ち、店舗とエリアマネジャー・本部の業務をコミュニケーション改革という形で全面的に支援するドリーム・アーツの「Shop らん」を導入した。

すかいらーくの金谷実・取締役常務執行役員は、「外部環境の変化により厳しさが増す外食市場において、当社がお客様にご支持いただける企業であり続けるためには、店舗の運営品質を上げることが欠かせません」。

「今回、『Shop らん』を導入したことで、店舗従業員の作業が大幅に改善できるものと期待しています。『Shop らん』を導入した領域に関しては、特に変化への対応が求められるため、導入後も成長を続けるシステムを求めていました」とコメントしている。

■ニュースリリース
https://shoprun.jp/news/press-release/press20180604/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧