小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アクシアル/3年間で170億円の設備投資、135店舗体制へ

アクシアル リテイリングは、「中期経営計画」(2018年~2020年)を発表した。

<アクシアルの原社長>
アクシアルの原社長

出店政策は、地域を絞って集中的に出店する戦略を深耕する。

<数値目標>
数値目標

既存店舗に関し、一定のスクラップ&ビルド(再配置)、改装を実施する。

商品政策では、原信ナルス、フレッセイそれぞれが、PBなど共有化する。

また、店舗オペレーションの効率化、ウィークリーマネジメントを推進。

生鮮部門の作業割当、人員配置再編を進める。

物流戦略に関しては、加工工場機能の拡充(プロセスセンター・コミッサリー新設)などで、グループでの全体最適を図る。

3年間でプロセスセンターの新設、店舗改装など設備投資170億円を予定している。

6月1日に東京で行われた決算説明会で原和彦社長は、「提案型売場は一定の成果を出しているが、生産性に関しては改善の余地がある。人手不足対策、人材確保の観点からも、売場の生産性を高め、店舗オペレーションの効率化を進める」。

また、「店舗の生産性を高めるためにも、中之島にプロセスセンターを新設し、店への供給能力を高める。出店・改装に関し、小商圏でも出店の見込みのある地域には、手早く買物しやすく、即食商品を強化した小型店エクスプレス・マーケット、生産性が高くあか抜けた売場を充実させたセントラル・マーケットなど、地域特性を見極めながら、2020年には135店舗体制を目指す」と説明した。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧