小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ECの出荷業務を完全自動化/「シッピーノ」がフルリニューアル

シッピーノは、EC事業者向け自動出荷サービス「シッピーノ」の新バージョンをリリースした。

「シッピーノは、ECの注文を自動で取り込み、物流倉庫への出荷指示、在庫同期や購入者へのメール対応など、毎日のルーティンワークを完全に自動化するサービス。さまざまな物流サービスと連携し、どんな商品でも自動出荷の対象にでき、EC事業者の単純な作業を無くし「つくる」時間を増やす」(同社)。

<シッピーノの概要>
シッピーノの概要

現在600以上のネットショップが利用しており、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon(出品者出荷)の出店者や、Hameeが提供する受注一元管理システム「ネクストエンジン」を利用しているユーザーの受注を自動で取り込み、委託先のさまざまな物流サービス(FBAマルチチャネルサービス、ロジザードZERO導入倉庫、LogiMoProなど)への出荷依頼を完全に自動化する。

購入者へのメール送信や、モール間での在庫の連動など、出荷に関わる煩雑な業務を自動で行う。「Amazonでも上位の売上を誇るセラーから、副業でECに取り組んでいる人まで、幅広いユーザーが利用している」(同社)。

<サービスの特徴>
サービスの特徴

新バージョンでは、楽天市場・Yahoo!ショッピングなど、シッピーノを連携している全店舗の受注の一元管理ができるようになった。

自動出荷対象外の商品があった際にも、モール画面(RMS、ストアクリエイターProなど)を確認する必要がなくなる。

今までは何らかの理由で出荷依頼が通らなかった場合、ユーザー自身で再度物流サービス側に出荷依頼をする必要があった。新しいシッピーノでは、管理画面上ですぐに再出荷依頼ができる。

従来は、受注から出荷指示まで最短10分とリードタイムが少なく、購入者からのキャンセル対応が難しいという悩みがあった。

新しいシッピーノでは、出荷依頼のタイミングを任意で設定できるようになったため、店舗の運営方針に応じて柔軟な対応が可能になったという。

導入設定もより簡単になり、最短1営業日で自動出荷のスタートが可能になった。

電話でのサポート体制もさらに強化し、EC事業者の負担を軽減する。最初の1カ月は無料でのトライアルができるという。

■シッピーノ
https://www.shippinno.net/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧