メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東海キヨスク/キャッシュレス決済サービスを全店導入

JR東海グループの東海キヨスクは2月21日、スマートフォンによる決済サービス(バーコード決済)を9月1日を目途に全店に導入すると発表した。

<バーコード決済イメージ>
バーコード決済イメージ

楽天ペイ(アプリ決済)、d払い、PayPay、LINE Pay、au PAY(4月開始)、ゆうちょPay(5月開始)のほか、訪日外国人観光客の利便性を高めるため、Alipay(支付宝)、WeChatPay(微信支付)を導入する。

現在、一部店舗で利用できるクレジットカード、電子マネー(楽天 Edy、iD、QUICPay)も6月下旬を目途に、全店に利用を拡大する予定だ。

キャッシュレス決済サービスの対応は、インバウンドも含め、店舗を利用する国内外のお客の利便性向上、決済時間の短縮など店舗オペレーションの軽減・省力化にも寄与し、将来に亘る人手不足対策の一助にもなると考えているという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月02日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方