小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

フジテックス/流通業向け電子棚札「D-ESL」発売

フジテックスは9月4日、小売・流通業の店舗向け電子棚札システム(D-ESL:Dynamic Electronic Shelf Label)を発売すると発表した。

<小売・流通業の店舗向け電子棚札システム>
小売・流通業の店舗向け電子棚札システム

「D-ESL」は、フランスやイギリスなど主に欧州を中心に2年間で100万個以上の稼働実績を持つ。独自の特許技術によりネットワーク通信において、Sub-GHz(サブギガヘルツ)920MHz帯の無線ネットワーク通信を行うため、従来の赤外線やWi-Fiと同じ2.4GHz帯を使うESLに比べ、さらに高い信頼性のある通信を実現。店舗内での周波数の電波干渉問題を回避できる。

また、圧倒的な低消費電力の実現により棚札のバッテリー負荷を軽減させ、ネットワーク通信に必要なアクセスポイントやルーターなど、簡易設置を実現するため、大幅に低コストで導入できるという。

今まで、多くの小売店で電子棚札システム導入を検討しても、高額なシステム投資がネックになっていたが、「D-ESL」は中小規模の小売店でも導入が可能になる。棚札のサイズは標準で1.6インチ、2.2インチ、2.9インチ、4.2インチの4つを用意した。

昨今、スーパーや家電量販店などの小売店ではネット通販や競合店との競争、セールなどに合わせて、売価変更が頻繁に行われており、商品の値札を貼り替えるが、人手も時間もかかり、膨大な作業が発生している。

政府が推奨する「働き方改革」による労働時間短縮と人手不足問題により、販促物を制作する現場にも様々な課題・問題が発生。これらの環境を改善するため、「D-ESL」を導入することで、値札やPOPを貼り変える手間と時間を削減する。

フジテックスは、大手小売チェーンと共同で実証実験に取り組んでいる。今後は全国の拠点ネットワークを活用し、スーパー、ホームセンター、ドラッグストア、GMS、コンビニエンスストアなどの小売店を中心に、電子棚札システム「D-ESL」のパッケージ販売(棚札本体、サーバー、アクセスポイント、ルーター、専用レール、運用支援、システム保守)をワンストップで提供していく。

■問合せ先
フジテックス
TEL:0120-046-314
Email:hansoku@fjtex.co.jp

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧