メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/都内配送で燃料電池小型トラック導入

2021年08月10日IT・システム

ローソンは8月10日、水素を燃料とした燃料電池小型トラック(以下:FC小型トラック)を東京都大田区の配送センターに1台導入したと発表した。

<導入したFC小型トラック>
20210810lowson - ローソン/都内配送で燃料電池小型トラック導入

地球温暖化抑制やエネルギー多様化等に対応したもので、トヨタ自動車、日野自動車が共同で開発したFC小型トラック。実用性・利便性を検証するため、7月30日より、東京都内のローソン約20店舗への弁当やおにぎりの配送に使用している。

FC小型トラックは、日野「デュトロ」をベースに2代目MIRAIのFCユニット(FCスタック・水素タンクなど第2世代FCシステム)を活用し、動力と冷蔵・冷凍用ユニットなどの電源を燃料電池化した。今後、走行実証実験による評価を踏まえ、社会的・ビジネス的観点において実用化可能かどうかを検証する。

なお、同社では1月には関東、中部、近畿エリアで、配送拠点から店舗までの組み合わせが最短の距離となるよう、大々的に組み替えを行い、約1,200店舗への配送拠点を変更し、配送ダイヤグラムを組み直すことで、配送コースを約3%減らし、CO2排出量も約3%削減(半年累計約612トン減)を実現したという。

■FC小型トラック概要
全長/全幅/全高:7.02m、2.21m、3.09m
乗車定員:3人
最大積載量:2,650kg
航続距離:約260km
最高速度:時速80km/h
水素貯蔵量:約10kg

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方