メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/配送車両に新型FC小型トラック導入

2021年08月10日IT・システム

セブン‐イレブン・ジャパンは8月10日、栃木県の水素ステーション併設型配送センターで、新型「FC小型トラック」を導入し、8月11日から配送を開始すると発表した。

<FC小型トラック、とちぎ水素ステーション>
202108107eleven 728x488 - セブンイレブン/配送車両に新型FC小型トラック導入

<とちぎ水素ステーション>
202108107eleven3 728x400 - セブンイレブン/配送車両に新型FC小型トラック導入

新型車両は、トヨタ自動車「MIRAI」のFCユニットを搭載し、走行距離約260km、水素貯蔵量約10kg、最高出力は120kW以上の車両で、異なる温度帯の商品を積載できるとともに、FCユニットで発電した電気は冷蔵ユニットの電源にも使用する。

同社では、2019年春から都内でFC小型トラックによる運行テストを開始。2020年春から一部車両の実証エリアを栃木県の水素ステーション併設型センターに変更し、再生可能エネルギーを最大限に活用できる手法を検証していた。

なお、2018年2月より三菱ふそうのEV配送車による配送を開始し、2019年7月いすゞの荷室温度帯を切り替えられるEV配送車によるテスト開始。2021年4月には、荷室をマイナス20度に保つことができる、いすゞのEV配送車を東京都日野市で検証を進めている。 

<複数の荷室を持ったトラック「混載車」>
202108107eleven2 728x422 - セブンイレブン/配送車両に新型FC小型トラック導入

さらに、1台のトラックで、米飯(約20度)、冷蔵(約5度)、フローズン(約-20度)の切り替えが可能で、2荷室があり、異なる温度帯の商品配送する取り組みを2018年10月から一部エリアで開始し、現在は北海道や広島、沖縄の一部等で、42台(2021年6月末現在)が稼働している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方