メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ウエルシア薬局/全国1673店が利用の基幹システムをオラクルのクラウドに移行

2022年03月11日IT・システム

関連キーワード:

日本オラクルは3月10日、ウエルシア薬局が、全国の1673店舗で利用される大規模調剤チェーン薬局向け総合経営支援システムの基盤に「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を採用し、稼働を開始したと発表した。

<ウエルシア薬局が総合経営支援システム基盤でオラクルのクラウドを採用(イメージ)>

ウエルシア薬局は、国内1673店舗で調剤薬局併設ドラッグストアを展開し、毎月に約140万枚の処方せんの受付を行っている。同社は、これらの店舗や本部従業員の調剤薬局関連業務を支える総合経営支援システムのデータベース基盤に「Oracle Database」を利用する。

一方で、DX(デジタルトランスフォーメーション)の積極的な推進や急速な事業、店舗拡大に伴い、新規サービス展開や新規店舗での迅速なシステム導入を可能にするため、より容易で俊敏なシステム基盤拡張とリソースの増減が求められていた。

そこで今回、システム基盤のパブリッククラウドへの移行を検討し、長年利用してきた「Oracle Database」との親和性と価格性能を評価して「OCI」が提供する「Oracle Database Cloud Service」の採用を決めた。

同社は、「Oracle Database Cloud Service」に移行したことで、ビジネスの変化や成長に柔軟に対応可能なシステム基盤を実現。課題となっていた、新規店舗での素早いシステム展開やリソースの増減もシステムを無停止で可能となり、拡張性向上とコストの最適化を図ることができた。

運用面では、これまで年次の不要データの削除に約1日半システムを停止していたが、クラウド移行後はシステムを停止せずに行うことができるなど保守性も向上した。また、「OCI」によって、夜間バッチに要する時間がオンプレミス環境と比較して約2時間も短縮されるなどの効果を得たという。

ウエルシア薬局では、現在はオンプレミス環境で稼働している業務系システムや、DR(ディザスタリカバリ、災害復旧)環境のクラウド移行などでも「OCI」の利用拡大を検討するとしている。

■Oracle Cloud Infrastructure
https://www.oracle.com/jp/cloud/

■Oracle Database Cloud Service
https://www.oracle.com/jp/database/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月07日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方