メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東京駅/「次世代ロボット倉庫」実験、収容量・作業効率を検証

2022年03月15日IT・システム

関連キーワード:

ベンチャーへの出資や協業を推進するCVCのJR東日本スタートアップと、エキナカ店舗への商品配送を手がけるジェイアール東日本物流、次世代ロボット倉庫「CUEBUS(キューバス)」を展開するCuebusは3月15日、東京駅で「次世代ロボット倉庫」の実証実験を行うと発表した。

<東京駅で「次世代ロボット倉庫」の実証実験>
東京駅で「次世代ロボット倉庫」の実証実験

フレキシブルに出現・稼働する自動倉庫を生かして、スペースの高効率化など、さまざまな倉庫機能の自動化オペレーションを検証する。

<リニアモーターを活用したロボット倉庫システム>
リニアモーターを活用したロボット倉庫システム

「CUEBUS(キューバス)」は、リニアモーターを活用した世界初のロボット倉庫システム(特許出願中)。リニアモーターによる高いロバスト性とコンパクト構成による高い利便性を持ち合わせており、他社のロボット倉庫と異なり、利用者のニーズや利用環境に併せてフレキシブルに設置、即時稼働できる。加えて、最適経路生成機能eRoute(イールート)により、何十もの搬送物の移動を互いに干渉することなく、同時かつ最短距離の経路を生成でき、倉庫物流の効率化を最大限に高めることが可能だという。

今回、「CUEBUS(キューバス)」を活用することで、格子状のユニット構造にすき間なくアイテムを敷き詰め高密度に収容することで、スペースの高効率化を実現する。

また、データ入力するだけで、欲しいアイテムが自動的に運搬されることによるオペレーションを簡素化。シンプルな部材・構造で、設置の際も大規模な工事が不要なため、旅客ニーズの変化にあわせたフレキシブルな運用が期待できる。

<東京駅のエキナカ倉庫内で実験>
東京駅のエキナカ倉庫内で実験

3月5日~3月11日、東京駅のエキナカ倉庫内に「CUEBUS(キューバス)」を設置し、17種類の土産品を取り扱う11.25m2の自動倉庫を構築し、実証実験を行った。収容量を向上させるための必要スペック、適切な運搬スピード、入荷~ピッキング~出荷までのオペレーションの自動化を検証した。

<手荷物預かり所でも実験>
手荷物預かり所でも実験

さらに、3月16日~3月27日、東京駅の手荷物預かり所内の一区画に「CUEBUS(キューバス)」を設置し、実証実験を行う。荷物の収容量を向上させるための必要スペック、適切な運搬スピードなど、預け入れ~整理~取出までのオペレーションの自動化を実験する。

■CUEBUS(キューバス)問い合わせ先
Cuebus
担当:田中 
TEL:03-6426-0420
Email:tanaka@cuebus.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方