メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

クオールHD/LINEで処方箋の予約受付を全国558店舗に先行導入

2022年04月20日IT・システム

関連キーワード:

クオールホールディングスは4月20日、患者とのコミュニケーションの充実を図るため、LINEミニアプリ「クオールおくすり便」を開発したと発表した。

<LINEで処方箋を事前予約し待ち時間を短縮>
LINEで処方箋の事前予約し待ち時間を短縮

処方箋事前予約や健康情報をLINEで提供するもの。第1弾として、4月11日に全国558店舗で先行導入。今後、クオールが運営している全808店舗(2022年4月時点)の調剤薬局へとサービスを拡大予定だ。

<利用方法>
利用方法

新たにアプリをダウンロードすることなく、普段使っているLINEアプリ上で、処方箋の事前予約ができる。薬の準備ができたら、LINEで通知する。機能は、オンライン調剤システム「薬急便」とシステム連携しており、これまでブラウザーで処方箋を受け取っていた利用者も、同じアカウントで使用可能となっている。

LINEからすぐ「お薬手帳」も確認できる。処方箋事前送信後に薬の内容が自動で登録される。会員証(クオールカード)をLINEで管理。抗原検査の結果をLINEミニアプリに保管でき、イベントなどでの検査証明の提示に便利になっている。

これまでも、自社スマホアプリにて処方箋事前予約サービスを展開し、好評を得ていた。特に近年は、新型コロナウイルス対策(二次感染予防)としてニーズが高まっており、2018年と比較して利用者が約115%増加しているという。

さらに顧客利便性を高めるため、国内月間アクティブユーザー数8900万人(2021年9月時点)を超え、幅広い年齢層のユーザーに広く利用されているLINEアプリの中でシームレスに利用できるLINEミニアプリの開発に着手。今回、「クオールおくすり便」の提供開始に至った。

自社スマホアプリからLINEミニアプリによるワンストップサービスの提供へ切り替えることで、患者との接点を強化する。

今後の展開として、服用薬に合わせて状況の確認を行うアフターフォロー機能の実装を検討している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方