メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

西友、楽天/つくば市内で自動配送ロボットでの配達開始

2022年05月26日IT・システム

楽天、パナソニックホールディングス、西友の3社は5月28日、つくば市内で自動配送ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)の公道走行による配送サービスを提供開始する。

<配送サービスのイメージ動画>

同サービスは、7月30日までの毎週土曜日、つくば駅周辺の約1000世帯が対象。楽天が開発したスマートフォン向けの専用サイトで商品の注文を受けると、注文から最短30分または指定した配達時間帯に、UGVで商品を届けるというもの。「西友つくば竹園店」で取り扱う商品のうち、生鮮食品、冷蔵・冷凍商品、お弁当・総菜を含む飲食料品や日用品など約2000点が注文可能で、手数料110円(税込)で利用できる。

<走行中のUGV>

配送中は、専用サイトでUGVの位置情報や到着予定時刻を確認でき、到着時には、自動音声の電話やSMSによって通知される。UGVは、パナソニックHDが開発した自動配送ロボット「X-Area Robo(クロスエリア ロボ)」を使用。つくば市から約60km離れた「Panasonic Laboratory Tokyo」(東京都中央区銀座)から遠隔管制システム「X-Area Remote(クロスエリア リモート)」を用いた遠隔監視・操作のもと自動走行する。

楽天、パナソニックHD、西友の3社は、国内初のUGVの公道走行によるスーパーからの商品配送サービスを実現し、2021年3月から4月に神奈川県横須賀市で実験した。楽天とパナソニックHDは、他6社とともに「一般社団法人ロボットデリバリー協会」を発足させ、UGVが公道を走行するための業界ルール整備に取り組むなど、UGVサービスの社会実装に向けて協働している。

一方のつくば市は、楽天とパナソニックグループも参画する「つくばスマートシティ協議会」を組成。ロボティクスとデータを活用した最先端技術とこれに対応する施策を連携させており、UGVによる配送サービスの実装を含む「つくばスーパーサイエンスシティ構想」の実現を目指す。

4者は今後も、UGVの活用によるイノベーションを加速させ、安全・安心で便利な社会の実現を推進するとしている。

■楽天、パナソニックHDほか6社による「ロボットデリバリー協会」
https://robot-delivery.org/

■つくば市のスーパーシティ構想
https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/torikumi/1013732.html

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年06月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方