メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ZOZO/コーデ投稿・成果確認機能でショップスタッフの販売支援

2022年08月02日IT・システム

関連キーワード:

ZOZOは8月2日、ショップスタッフの販売サポートツール「FAANS」に新たにコーディネート投稿機能と成果確認機能を追加し、正式版を開始した。

<ショップスタッフの販売サポートツール正式開始>
ショップスタッフの販売サポートツール正式開始

アダストリア、パル、ラコステ ジャパンなど複数のブランドへ新機能の提供を開始しており、提供先は今後も順次拡大予定となっている。

「FAANS」は、2021年11月に始動したZOZOTOWNとブランド実店舗をつなぐOMOプラットフォーム「ZOZOMO」で展開するサービスの一つ。第1弾として、顧客がZOZOTOWN上でブランド実店舗の在庫取り置きを希望した際に、ショップスタッフが「FAANS」上での簡単操作で取り置き対応を完結できる機能を導入している。

<在庫取り置き、コーデ投稿などが可能>
在庫取り置き、コーデ投稿などが可能

今回追加する機能のうち、コーディネート投稿機能では、ショップスタッフは「FAANS」一つで、年間購入者数1061万人を超える「ZOZOTOWN」、Zホールディングスグループのシナジーを生かした「ZOZOTOWN PayPay モール店」、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」へのコーディネートの同時投稿が可能となる。

さらに、今秋からは「ブランド自社EC」にもコーディネートを同時投稿できるようになる。あわせて成果確認機能では、投稿コーディネート経由のEC売り上げ、コーディネート閲覧数などの成果を可視化することで、ショップスタッフのオンライン上での活躍を適切な評価につなげられる見込み。

コーディネート投稿機能と成果確認機能は、ブランド自社ECへのコーディネート投稿を含め、無料で提供する。

ショップスタッフは、複数チャネルへのコーディネート同時投稿を通じてアイテムの着こなしやブランドの世界観をより多くの顧客へ届け、ECでの売り上げにつなげられることに加え、そこから生まれた新たなファンがショップスタッフによる接客を受けるために実店舗へ来店することも期待できる。

WEARへコーディネートを投稿することにより、ショップスタッフと顧客との間につながりが生まれ、ショップスタッフや顧客のエンゲージメント向上を図りたい考えだ。

同社によると、実際に試験導入したブランドの中には、ZOZOTOWNでの月間売り上げのうち、約5割がZOZOTOWNに投稿したコーディネート経由で売り上げにつながった実績もあるという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年08月10日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方