メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

清涼飲料/3月1位は5カ月連続「コカ・コーラ」

2021年04月21日POS分析

マーチャンダイジング・オンが発表した新商品の売上ランキングによると、3月の清涼飲料の1位は、5カ月連続で日本コカ・コーラ「コカ・コーラ」1.5リットルだった。

「コカ・コーラ」は、1886年、薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士により、米国ジョージア州アトランタで誕生した。以降120年以上にわたり、200以上の国や地域で販売されている。

<清涼飲料の新商品ランキング>
20210421posseiryo 728x293 - 清涼飲料/3月1位は5カ月連続「コカ・コーラ」

2位は日本コカ・コーラ「コカ・コーラ ゼロシュガー」1.5リットル。パッケージは、「コカ・コーラ ゼロ」であることがよりわかりやすいデザインに8月刷新し、炭酸飲料にゼロシュガー、ゼロカロリーを求める消費者が手に取りやすい商品を目指したという。

3位は日本コカ・コーラ「ファンタ グレープ」1.5リットル。1958年に発売されたロングセラーのフレーバー炭酸飲料。

5週間以内に発売した商品は、4位コカコーラ「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」440ml、5位アサヒ「三ツ矢 特濃オレンジスカッシュ」500ml、6位キリン「午後の紅茶ミルクティー」500ml、7位キリン「午後の紅茶レモンティー」500ml、9位アサヒ「十六茶」630ml、10位コカコーラ「ファンタ プレミアオレンジ」380ml、11位サントリー「ノンアル晩酌レモンサワー」350ml、13位キリン「午後の紅茶ミルクティー」1.5リットル、19位キリン「ファイアワンデイラテ微糖」600ml、20位アサヒ「三ツ矢サイダーレモラ」500mlがランクインした。

4位コカコーラ「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」は3月22日発売。厳選した国産抹茶を100%使用し、抹茶の味わいを引き立てる上品なミルクの味わいを楽しめるという。宇治の上林春松本店と猿田彦珈琲が監修している。予想をはるかに上回る好評により品薄状態が発生し、4月21日現在出荷を一時停止している。

5位アサヒ「三ツ矢 特濃オレンジスカッシュ」(希望小売価格税別140円)は、3月2日発売。甘みの強い果汁だけを厳選したオーダーメイド果汁20%を贅沢に使用した、果実成分が沈み込むほど特濃なオレンジスカッシュ。オレンジ果実から抽出した香りの詰まった果実オイルを従来品比1.4倍使用しているのでオレンジの芳醇な香りをしっかりと楽しめるという。

6位キリン「午後の紅茶ミルクティー」500ml、7位キリン「午後の紅茶レモンティー」500ml、13位キリン「午後の紅茶ミルクティー」1.5リットルは、ロングセラーの「午後の紅茶」ブランド定番品をリニューアルしたもの。

9位アサヒ「十六茶」(140円)は3月9日、「人にやさしく、地球にやさしい」をテーマに中味・容器・パッケージともに一新した。原料にハトムギを乳酸菌で発酵させた素材を新たに加え、素材の力を引き出すための高温抽出製法を新たに採用
した。

10位コカコーラ「ファンタ プレミアオレンジ」(150円)は、3月1日発売。大小2種類のオレンジパルプを使用したこだわりの新製法で、食感を楽しむことができるだけでなく、オレンジをまるごと使ったすりつぶし果汁を用いることで、甘さだけではないオレンジそのものの味わいを表現しているという。

11位サントリー「ノンアル晩酌レモンサワー」(122円)は、3月2日発売。ノンアルコールでも本格的なレモンサワーのおいしさを楽しめる新ブランド。レモンの香気成分をノンアルコール飲料に封じ込め、焼酎由来の旨味をノンアルコールのエキスとして凝縮させる「レモンサワーありのまま製法」を同社商品で初めて採用した。

19位キリン「ファイアワンデイラテ微糖」は、3月2日発売。600mlの大容量サイズで冷たくても常温でも楽しむことができる「ファイア ワンデイ ラテ微糖」を新発売することで、ペットボトル入りのカフェラテにおいて「微糖」という健康軸の新たな選択肢を提案。リモートワークやオフィスで、仕事をしながら楽しみたい人を想定して開発した。すっきりとした甘さで飲みやすい味わいでありながら、直火珈琲の香ばしさを感じる、冷たくても常温でもおいしい微糖のカフェラテ
となっている。

20位アサヒ「三ツ矢サイダーレモラ」(140円)は、3月23日発売。好評につき、過去複数回にわたり、中味やパッケージを変えて販売し、昨年も「三ツ矢」ブランドの「限定復刻シリーズ」として販売した。中味はレモンとライムの透き通った爽やかな香りと心地よい炭酸で、さっぱりした甘さを実現しました。また「三ツ矢サイダー」同様に磨かれた水、果実などから集めた香りを使用し、非加熱製法を採用している。

新商品ランキングは、マーチャンダイジング・オンが提供するRDS-POSを活用し作成した。

RDSとは、食品・日用品を中心に取り扱い、POSシステムを導入している全国の小売業(総合スーパー、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア等)からPOSデータを収集、整備、データベース化したもの。

新商品の定義は、過去半年(26週)以内に発売された商品。これまでに実績のないJANコードで過去半年以内に初めて売上実績が上がった商品を新商品と定義した。

ただし、パッケージ変更やリニューアルなどでJANコードが変更されることがあるため、見覚えのある新発売ではない定番商品も新商品ランキングに含まれる。

売上は、最新の4週間の全国での100店舗当たり販売金額を基準とした。最新の5週間以内に発売された商品には☆印を付け、最もホットで売れている商品を紹介している。

■RDSについて
小売業:https://www.mdingon.com/services/new_rds/

メーカー・卸業:https://www.mdingon.com/products/market_pos/

注:マーチャンダイジング・オン社提供のRDS-POSデータ分析については、記事、写真、図表などを複写、転載などの方法で利用することはできません。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年05月15日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方