小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/ワイン関税撤廃見据え、秋葉原で「ワールドワインフェス」開催

「ワールド ワインフェス2018」実行委員会(主催:イオンリカー)は11月10日、11日、秋葉原のイベントホール「ベルサール秋葉原」で、国内最大級の海外ワインの祭典「ワールド ワインフェス 2018」を初めて開催する。

2日間で1万人の来場を目標とした。

<ワールド ワインフェス2018>
ワールド ワインフェス2018

会場では、世界約9カ国26ワイナリーの生産者や醸造家が直接来場者に商品への想い、魅力を伝え、ワインをサーブする特設ブースを26カ所設置するほか、世界各国のワインの産地や選び方、飲み方などを紹介するセミナーなどを開催し「五感でワインを楽しめる」機会を提供する。

ワインとフードがセットになったチケット(前売り税込2000円、当日2500円)を導入し、ワインに関しては最大4時間の「フリーフロー(飲み放題)」形式で、会場内およそ100種類のワインを自由に楽しめる。

昨年、日本とEUの間で「日EU経済連携協定(EPA)」の交渉が妥結したことにより、2019年春に、ヨーロッパ産のワインの関税が撤廃されることを見据えた施策。

<神戸社長(中央)>
神戸社長(中央)

主催者であるイオンリカーの神戸一明社長は、「将来的にワインの関税が撤廃されると関税分の売上がなくなるため、売上にはマイナスに働く。一方で、ワインが手軽に買えるようになる。この機会にワインを楽しむお客様を増やし売上を伸ばすことが我々の使命だと思う。イベントを通じて、ワインの楽しさを伝えていきたい」と語る。

イオンリカーは、酒類専門店と酒類のECサイトの運営のほか、イオングループの専門輸入商社コルドンヴェールが輸入したワインや輸入食品の卸売業を展開。イオングループの日本国内約1万3000店にワインを提供している。

コルドンヴェールは、2017年のワイン輸入通関実績でアサヒビール、メルシャンに次ぐ第3位の規模となっている。

直接、コルドンヴェールのバイヤーが産地でワインを目利きし直輸入することで、同業他社よりもお値打ちな価格を実現しているという。

日本のワイン1人当たり消費量は、2016年で3.2リットルで世界15位となっており、まだまだ拡大できる。

「ワールド ワインフェス2018」では、コルドンヴェールの取引先である26の生産者が日本に集結し、直接、日本の消費者と交流することで、商品開発にも役立てたいという。

神戸社長は、「関税撤廃を機に、フランスやイタリアなど現地で購入されている価格に近い価格を実現したい。フランス、イタリア産の高価格帯の輸入ワインの品ぞろえを100品目増やし、より高品質な商品を紹介したい」と語る。

初日の10日には、今年で2回目となる「イオンワインアワード2018」の表彰式を行う。

「イオンワインアワード2018」は、ワインをカジュアルに楽しめる、値ごろでおいしいワインを、イオングループに所属する100人のソムリエらが選出するアワード。

お手頃で美味しい「最強のデイリーワイン」、ゆったりとした気分を味わえる「週末おすすめワイン」、特別な日に気分を盛り上げる「ご褒美・おもてなしワイン」の3部門を選出するもので、受賞したワインも出展する。

会場では、人工知能(AI)でお客のおススメのワインを紹介する「WEBソムリエ」や海外で人気となっている「しゃべるワインボトル」を展示する。

「ワールド ワインフェス 2018」の開催に合わせて、イオンリテールでは全国7カンパニーの旗艦店で、「ワールド ワインフェス 2018」と同様に100種類のワインを楽しめるイベントを開催する。

また、イオングループの各店舗では、「イオンワインアワード2018」の受賞ワインの販売を行う予定だ。

■ワールド ワインフェス 2018
https://www.worldwinefes.com/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧