メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオン/日用品消耗品1800品目追加「今こそ全力で家計応援!」価格凍結延長

2021年12月21日販促

関連キーワード:

イオンは12月21日、「今こそ全力で家計応援!」を実施し、プライベートブランド「トップバリュ」の食料品・日用品消耗品の価格を2022年3月31日まで、据え置くと発表した。

<今こそ全力で家計応援!>
20211221aeon2 728x485 - イオン/日用品消耗品1800品目追加「今こそ全力で家計応援!」価格凍結延長

すでに、トップバリュの食料品3000品目を対象に、年内の価格凍結を宣言していたが、今回、対象品目を拡大し、価格凍結を2022年3月末まで延長した。年末年始や春の新生活スタートなど、年明け以降もお客の生活支出が高まっていく中で、昨今の原材料価格高騰や物流・輸送コストの上昇、天候不順の影響にともない、食品を中心としたメーカー各社の価格引き上げが相次いでおり、ますます家計への影響が大きくなることが想定されることに対応した施策。

イオンの西峠泰男執行役商品担当は、「9月13日に、トップバリュの食料品で、いまこそ!年内価格凍結宣言を出した。一方で、原材料価格の高騰、物流コストの上昇、円安といった為替の動向もあり、すでにナショナルブランドの値上げははじまっている。年末年始だけでなく、新生活が始まる来春を含めて消費をサポートするため、企業努力でお客様が買いやすい価格で、家計を応援する」と企画の趣旨を説明した。

<西峠執行役商品担当>
20211221aeon1 728x485 - イオン/日用品消耗品1800品目追加「今こそ全力で家計応援!」価格凍結延長

今回の対象品目は、9月13日に発表した食料品3000品目のほか、その後に発売した食料品200品目、日用品消耗品1800品目を加えた合計5000品目となる。食料品は対象品目から、生鮮食品、米、惣菜、酒、ギフト、企画品(増量・リニューアル)など一部仕様を変更する商品は除外するが、9月13日時点での店頭表示価格から、2022年3月31日まで値上げしない。

また、トイレットペーパー、ティッシュなどの紙製品、家事消耗品等の日用消耗品(衣料品、暮らしの品は除く)を、12月20日時点でのイオングループ標準小売価格より、2022年3月31日まで値上げしない。

取扱店舗は、イオン、イオンスタイル、マックスバリュ、ダイエーなど全国約1万店舗となっている。

西峠商品担当は、「秋の段階では、食品の原材料価格の高騰がメインだったが、いまは、アルミや紙といった原材料価格も高騰しているため、今回、日用品消耗品を価格凍結に加えた。現在の商品在庫や取引先との取り組みを考慮し、価格凍結を来年3月末まで延長することを決定した」と述べた。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月18日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方