メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

CRE/全国1080棟のマスターリース事業、年間120件以上のリーシング力紹介

2022年02月17日販促

関連キーワード:

シーアールイーはこのほど、物流課題の解決、物流戦略の実現をサポートする「物流インフラプラットフォーム」に、同社のマスターリース事業、リーシング力について掲載した。

<中小倉庫の供給・年間120件以上の仲介実績解説>
中小倉庫の供給・年間120件以上の仲介実績解説

同社のマスターリース事業は、不動産オーナーから倉庫をマスターリースし、リーシングチームが物流事業者など他のユーザーに紹介し、転貸(サブリース)している。対象となる倉庫は首都圏、地方都市に拡大しており、倉庫を全国各地に1080棟・約12万5000m2、稼働率は98~99%を維持しているという。

また、リーシング事業は、マスターリース物件・自社開発物件「LogiSquare」、他社物件の仲介で、年間120件から多いときは200件以上、契約面積は約33万m2となっている。

両事業について、音声配信もまとめており、通勤時間などに気軽に聞くこともできる。

■マスターリースについて詳細はこちら
https://www.logi-square.com/sh/244ecf6bf7ea

■リーシングについて詳細はこちら
https://www.logi-square.com/sh/2105a9b2516b

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方