流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ペリエ千葉/千葉市初出店55店を含む、全107店で新駅ビル開業

2017年09月04日 17:10 / 店舗レポート

<ペリエダイニング>
ペリエダイニング

フロアの半分は、ペリエダイニングと名付けたレストランゾーンを設置し13店の飲食店を集めた。ハワイアン・カフェ&ダイニングのアロハテーブル、カフェ・レストランのジンナン カフェは屋上庭園に隣接し、テラス席も展開する。

そのほか、おだしうどん かかや、エスニックのパパイヤリーフなど、女性に人気の高い千葉初出店の店舗を誘致した。

<アロハテーブル>
アロハテーブル

<パパイヤリーフ>
パパイヤリーフ

屋上庭園として「えきうえひろば」を設置し、軽食を提供する期間限定店舗を設け、気軽な憩いの場を提供する。

<屋上庭園>
屋上提案

2018年4月には、えきうえひろばに隣接する形で、「植草学園千葉駅保育園(仮称)」が開業する予定で、子育て支援も行う。

<ベビールーム>
ベビールーム

5階にはベビールームを設けることで、子育て中の女性が使いやすい施設を目指した。

<くまざわ書店とタリーズコーヒーでブック&カフェを展開>
くまざわ書店とタリーズコーヒーでブック&カフェを展開

6階は、豊かな生活サポートをテーマに、カフェ、書籍や文具、健康をサポートするクリニックや薬局、旅行会社など生活サポートショップを誘致した。

売場面積約830m2のくまざわ書店と売場面積約200m2のタリーズコーヒーを併設出店させ、ブック&カフェ形式の店舗を設置。

購入前の書籍を3冊まで、カフェに持ち込める運営とすることで、くつろげる空間を提供する。

<東急ハンズ>
東急ハンズ

ハウスウェア、ヘルス&ビューティー、ステーショナリーなど、幅広い分野で多種多様な商品を展開する千葉市初出店となる東急ハンズを誘致した。

東急ハンズは、女性目線の品ぞろえを強化したほか、千葉に関する商品を集めた千葉店独自コーナーを設置した。

<インフォメーション>
インフォメーション

そのほか、訪日外国人観光客の需要に対応し、一括免税手続き機能をもったインフォメーションも開設した。

4階~6階の各フロアには、レストスペースを配置することで、買い物の合間に気軽に休憩できる環境も整えた。

今後、2018年夏以降の1階、地下1階のリニューアルを含め、ヤングファッションから大人のリアルクローズまで、幅広い世代が利用できる駅ビルを目指すという。

施設概要
所在地:千葉市中央区新千葉1
規模:地上7階・地下1階
延床面積:約7万3800m2
駅地施設・コンコース:約1万6400m2
エキナカ約8000m2
駅ビル:約4万9400m2
(うち売場面積約1万4500m2)
営業時間:2階スターバックスコーヒー7時~22時
3~6階物販・サービス・カフェ10時~21時
5階ペリエダイニング(レストラン・カフェ)11時~22時30分

■ペリエ千葉
http://www.perie.co.jp/chiba/

<前へ 1 2 3

関連記事

関連カテゴリー

店舗レポート 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧