メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東急ストア/目標年商40.6億円、中央林間店を総菜テナント導入し一新

デリカコーナーの強化の一環として、水産・畜産部門で販売する素材を使用した総菜を導入した。実際に生鮮食品売場で販売する精肉や鮮魚を、総菜厨房で調理し、水産部門、畜産部門で販売する取り組みを本格化した。

<畜産部門の総菜コーナー>
畜産部門の総菜コーナー

生鮮食品売場で販売する素材を使用した総菜を販売することで、素材を生かしたおいしさや鮮度感を訴求する。

<高座豚を使用したとんかつ>
高座豚を使用したとんかつ

銘柄豚肉の高座豚を使用した、とんかつやお弁当を販売。総菜でも銘柄豚を使用していることを打ち出す。

<畜産部門の高座豚コーナー>
畜産部門の高座豚コーナー

畜産部門でも高座豚をコーナー展開し、総菜売場と連動した相乗効果を目指す。

<魚屋の鮨コーナー>
魚屋の鮨コーナー

水産部門では、鮮魚を使用した魚屋の鮨コーナーを設置するほか、焼魚やフライ、お弁当などを展開するお魚総菜コーナーを設置した。

<お魚総菜コーナー>
お魚総菜コーナー

フライでは、大海老フライ1尾税込214円、広島産大粒かきフライ1個132円、手づくりあじフライ214円を販売。

手書きPOPで、水産部門で販売するあじを店内調理したことを解説し、総菜でも鮮度を打ち出す。

<鮮魚部門のフライコーナー>
鮮魚部門のフライコーナー

忙しい有職女性やファミリー層に向けた品ぞろえとして、「焼くだけ」「温めるだけ」など、時短料理に対応した商品も用意した。

<水産部門の焼くだけの商品>
水産部門の焼くだけの商品

畜産部門では、ファミリー層に向けた大容量パック商品を展開し、子育て世代を応援する。

<畜産部門の大容量パックコーナー>
畜産部門の大容量パックコーナー

また、畜産部門では対面販売コーナーをクッキングサポートコーナーに一新し、肉料理を中心としたメニュー提案もする。

<クッキングサポートコーナー>
クッキングサポートコーナー

クッキングサポートコーナーは、今後、需要の拡大が見込まれる畜産部門に常設する形式を採用した。

子育て世代に人気が高い肉料理を中心としたメニュー提案で、調味料との関連販売も促進する。

<銘柄牛も豊富に展開>
銘柄牛も豊富に展開

対面販売コーナーを廃止した一方で、上質な肉の品そろえを求めるこれまでの固定客に対応し、「鹿児島黒牛(5等級)」や「神戸牛」、希少性の高い「和豚あかぶた」、神奈川県の銘柄豚「高座豚」など、品種や産地を限定した肉の品ぞろえを充実させた。

次>> 産直野菜、産地直送鮮魚などワンランク上の品ぞろえ

<前へ 次へ> 1 2 3

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年01月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方