小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東急ストア/目標年商40.6億円、中央林間店を総菜テナント導入し一新

東急ストアは3月27日、神奈川県大和市の東急田園都市線中央林間駅前の「中央林間東急ストア」をリニューアルオープンした。

<中央林間東急ストア>
中央林間東急ストア

1985年に開業した総合スーパー「中央林間とうきゅう」を、食品スーパー「中央林間東急ストア」としてリニューアルするもの。

これまでは、東急ストアが駅ビル1棟をまるごと東急電鉄から賃貸し3フロアを運営していた。

今回、東急電鉄が2階に新規テナント、3階に大和市の図書館や子育て支援施設などを誘致し「中央林間東急スクエア」として一新したのに伴い、東急ストアもリニューアルした。

東急ストアは、1階の日常の必需品がそろうフロアを担当し、直営店舗面積1930.4m2、テナント面積617.2m2を展開する。直営売場のみの目標年商は40億6000万円とした。

<1階フロアレイアウト>
1階フロアレイアウト

総合スーパーから食品スーパーマーケットへ業態転換したのにともない、日用品を取り扱う店舗として、あらたにドラッグストアのトモズを誘致し、買い物の利便性を高めた。

そのほか、青山フラワーマーケット、修理のリペア&マイキーを新たに誘致した。

<トモズを新たに誘致>
トモズを新たに誘致

33年間営業し、固定客も多いことから、これまでのお客に馴染みのあるタリーズコーヒー、リトルマーメイド、モロゾフをいったテナントはそのまま引き継いだ。

<タリーズコーヒー>
タリーズコーヒー

従来の客層は50代、60代といった開業時から馴染みのあるお客が多かったが、今回、駅前再開発で増加している30代~50代の子育てファミリー層、駅ビル利用者に向けた売場づくりを目指した。

<総菜専門店とともにデリカコーナーを構成>
総菜専門店とともにデリカコーナーを構成

リニューアルの最大のポイントは、デリカコーナーの拡大で、直営総菜売場に面して、総菜専門店を配置することで、自社最大級のデリカコーナーを展開する。

これまでは、青果売場から始まり、レジ前に総菜売場を配置するレイアウトであったが、売場への入口を青果売場と総菜売場に設けた。

<直営総菜売場>
直営総菜売場

レイアウトを変更することで駅前立地であり、すぐに食べれらるお弁当や総菜を素早く買いたいお客のニーズに対応する。

<壁面に総菜専門店を配置>
壁面に総菜専門店を配置

総菜テナントでは、既存の洋菓子・洋総菜「フロプレステージュ」、やきとり「日本一」、とんかつ「新宿さぼてん」、寿司「京樽」に加えて、新たに中華「横浜昇龍園」を誘致した。

<横浜昇龍園>
横浜昇龍園

レジカウンター裏には、休憩スペースを設置した。店内で購入した商品を食べることができるが、限られたスペースであるため、本格的なイートインスペースとしての運用ではないという。

<休憩コーナー>
休憩コーナー

会計時の混雑緩和のため、あらたにセミセルフレジを導入、登録機8台、精算機16台を用意した。従来型の通常レジも4台配置し、セミセルフレジに慣れない高齢者にも対応する。

<セミセルフレジを導入>
セミセルフレジを導入

次>> 水産・畜産部門で販売する素材を使用した総菜を訴求

次へ> 1 2 3

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧