小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ユニー/「アピタテラス横浜綱島」開業、簡便・即食品充実で目標売上高38億円

2階には、「くまざわ書店」と「スターバックスコーヒー」でブック&カフェ形式で出店。

<「くまざわ書店」と「スターバックスコーヒー」のブック&カフェ>
「くまざわ書店」と「スターバックスコーヒー」のブック&カフェ

フードコートには、「マクドナルド」、「いきなりステーキ」、神奈川県に復活出店する極旨醤油ラーメンの「一刻魁堂」など人気の5店舗がオープンする。

<フードコート>
フードコート

テラス席を含め、木目調の落ち着いた空間にバリエーションに富んだ350の客席を配置し、1人でも大人数でも食事を楽しめる。

<「ニトリ EXPRESS」が神奈川県初登場>
「ニトリ EXPRESS」が神奈川県初登場

さらに、ニトリの都市型店舗「ニトリ EXPRESS」が神奈川県に初登場。

<「ユザワヤ」ユニーに初出店>
「ユザワヤ」ユニーに初出店

老舗の手作りホビー・手芸専門店「ユザワヤ」が、ユニーに初出店し、今後ワークショップなども開催する。

<クリニックテラス>
クリニックテラス

また、「クリニックテラス」の名前でクリニックモールを配置。「内科」、「小児科」、「婦人科」、「眼科」に加え、「調剤薬局」も併設し、ワンストップのニーズに応える。

佐古社長は、「単なる家事としての買い物でなく、楽しいショッピング体験のできるSCを目指す。前期、今期の2年がグループのための守りの時期となるが、来期以降、攻めに入るため、今年は足場固めの大事な時期。客数を増やし、売上を上げるための施策をどんどん試したい」。

<食を充実させた>
食を充実させた

また、「横浜という商圏から、お客様は衣料品などは横浜駅や渋谷などで買う傾向にあるため、食を充実させた館となった。総菜はカネ美食品とコラボ、サンドイッチなどファミリーマートから学んだ単品の魅力を磨くやり方で、今後ベーカリー含め、中期的に売上比率を20~30%まで高めたい」としている。

■アピタテラス横浜綱島
所在地:神奈川県横浜市港北区綱島東4-3-17
営業時間:9時~21時(全館)
定休日:年中無休
従業員直営:172人(社員22人、パート・アルバイトなど特勤者約150人)
専門店:約700人
敷地面積:約1万8300m2
延床面積:約4万4500m2
営業面積:約1万5300m2(専門店含む)
(アピタフードマーケットは約3300m2)
数駐車台数:約900台
駐輪台数:約450台
専門店数60店舗(ファッション:3店、ライフスタイル:10店、食物販:11店、飲食店:8店、サービス:28店)
基本商圏:半径3㎞圏内人口約38万人・世帯数約18万世帯
建物構造:鉄骨造地上4階建(1・2階店舗3・4・R階駐車場)

<前へ 1 2 3

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧