小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

三陽商会/3月は春物好調で5%増

三陽商会が4月11日に発表した3月度商況レポートによると、3月の店頭での全社売上額は前年比5%増となった。

春の実需商品が好調に動き、紳士服、婦人服共に前年同期の実績を上回った。昨今の消費者心理の改善に加え、気温上昇を起因とし、春物商戦が早めに活発化したことが大きな要因という。

3月の天候は、東日本以西の多くの地点で平均気温が過去最高を記録。花粉の飛散量も非常に多く、気温差も激しい月となった。

天候与件もあり、紳士服、婦人服ともにコートやジャケットなどのアイテムが特に好調に推移した。消費全体の持ち直しにより、主販路である大手百貨店グループが売上を伸ばしたことも、好影響となった。

好調な商品は、春の主力アイテムであるスプリングコートやビジネスやカジュアルにも着まわせるジャケットで、中でも、強化商品となる花粉プロテクトコートが、展開するほとんどのブランドで前年比を上回って推移した。

婦人服では1枚物のニットや、今春のトレンドである、明るいカラーや柄物のプリントパンツが、消費者のたんす在庫にない商品として動き、多くのブランドで人気商品となった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧