小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

J.フロントリテイリング/8月の連結売上は10.4%減

J.フロントリテイリング(2016年2月期売上高:1兆1635億円)が発表した8月の連結売上は前年同月比10.4%減となった。

セグメント別では、百貨店事業は7.3%減、パルコ事業は5.9%減、卸売事業は28.2%減、クレジット事業は1.0%増、その他事業は30.0%減だった。

百貨店事業の売上高は、パラソル、帽子などに動きが見られ、美術品も売上を伸ばしたものの、厳しい残暑により秋物婦人ファッションの動きが鈍かったことに、心斎橋店本館建替え工事に伴う売場面積減や、前年大きく伸ばした訪日外国人売上の反動減、休日が対前年1日減であったことによるマイナス影響が加わった。

パルコ事業は7月にオープンした仙台パルコ2の売上が貢献したものの、休日が対前年1日減であったほか、渋谷パルコが8月7日で建替えのため一旦営業終了したことや、改装によりクローズしていた区画が前年より多かったことに加え、月を通して全国的に気温が高めに推移したことにより初秋物の動きが鈍かったことや、台風等の天候影響を受けた。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧