メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ニトリ/11月の既存店売上高1.3%増、秋冬物の寝具・寝装品が好調

2018年12月04日月次

ニトリ(2018年2月期売上高:5720億円)が発表した11月の月次売上高前年比によると、既存店の売上高は前年同月比1.3%増、客数0.9%減、客単価2.2%増となった。

<ニトリの店舗イメージ>
ニトリの店舗イメージ

全店は、売上高4.4%増、客数4.0%増、客単価0.4%増だった。

4店を出店、閉店はなく、月末店舗数は495店となった。

11月度は、気温の低下とともに秋冬物の寝具・寝装品の売上が伸長した。

オーダーカーテンキャンペーン実施の効果もあり、ウィンドウカバリングが好調だったほか、トイレ・バス用品、キッチン用品も好調な売行きとなった。

家具では、自社開発マットレス「Nスリープ」やベッドが引き続き好調に推移した。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月02日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方