小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ドラッグストアのインバウンド消費/7月はパック8品がトップ30入り

月次/2019年08月30日

True Dataは8月30日、全国ドラッグストアのPOSデータによる2019年7月のインバウンド消費動向調査を発表した。

<ドラッグストアのインバウンド消費購買金額の推移>
ドラッグストアのインバウンド消費購買金額の推移

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、7月の訪日外国人数は前年同月比5.6%増の299万1千人で単月として過去最高を記録した。同社の調査によると、ドラッグストアにおけるインバウンド消費購買金額は前年同月比16.3%減少。特に購買件数の落ち込みが大きく、1店舗あたりのレシート枚数は前年同月比20.7%減少し956件だった。

1レシートあたりの購買単価は前年同月比5.5%増加したが、2019年2月から5カ月続いていた1万6000円を割り込み1万5682円となっている。

<パックが人気>
パックが人気

中国でEC法が施行された今年1月以降、ドラッグストアのインバウンド消費が減少しているなかで、化粧品は売上個数TOP30内に前月と同じく14商品がランクイン。なかでもパックは、3位のウテナ「プレミアムプレサ ゴールデンジュレマスク ヒアルロン酸」など、今年に入り最も多い8商品がランクインし、化粧品カテゴリをけん引している。

1位はDHC「薬用リップクリーム 1.5g」、2位は花王「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 40g」だった。

<売上個数TOP30>
売上個数TOP30

エリア別のランキングTOP10を見ると、人気のブランドが地域によって異なり、東京では「肌美精(クラシエホームプロダクツ)」が3商品、大阪では「プレミアムプレサ(ウテナ)」が3商品ランクインした。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧