メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スーパーマーケット/1月既存店、ヤオコー・オークワ増収も15社減収

2020年02月28日月次

流通ニュースがまとめた全国主要スーパーマーケット25社の1月の営業概況によると、既存店売上高は、ヤオコー0.4%増、オークワ0.9%増、マックスバリュ東海0.7%増、ベルク3.2%増、マックスバリュ九州0.1%増、マックスバリュ北海道2.4%増、ハローズ2.4%増、ダイイチ3.4%増と8社が増収を確保した。

一方で、マルエツ1.8%減、カスミ3.2%減、ライフコーポレーション1.7%減、アークス0.4%減、ヨークベニマル1.8%減、バロー7.9%減など15社は減収となった。

1月はバローが全店休業日を2日導入するなど、働き方改革の影響を受けた企業もあった。気象庁によると、1月の天候は、東・西日本では記録的な高温となった。日本海側を中心に降雪量は記録的に少なくなった。沖縄・奄美では、降水量がかなり少なく、日照時間がかなり多くなった。

<スーパーマーケット(イメージカット)>
スーパーマーケット(イメージカット)

■USMH(2019年2月期:売上高6943億円)
売上高550億6200万円、既存店売上高2.2%減、客数1.8%減、客単価0.4%減
全社売上高1.2%減、店舗数519店

■マルエツ(2019年2月期:売上高3749億円)
売上高290億2700万円、既存店売上高1.8%減、客数1.6%減、客単価0.2%減
全社売上高は0.4%減、店舗数299店
食品275億2100万円(0.4%減)、衣料品2億2500万円(10.4%減)、住関連11億8900万円(0.8%増)、その他9200万円(4.0%減)

■カスミ(2019年2月期:売上高2716億円)
売上高225億800万円、既存店売上高3.2%減、客数2.4%減、客単価0.8%減
食品217億5300万円(3.2%減)、衣料品5000万円(4.1%減)、住関品6億4200万円(1.6%減)、その他6300万円(2.5%減)
全店ベースの前年比は、総売上高2.1%減、食品2.0%減、衣料品35.3%減、住関品0.8%減、その他2.5%減
店舗数187店

■マックスバリュ関東(2019年2月期:売上高437億円)
売上高35億2700万円、既存店売上高0.4%増、客数0.4%減、客単価0.8%増
全社売上高2.2%減、店舗数32店

■ライフコーポレーション(2019年2月期:売上高6986億円)
既存店売上高1.7%減、客数2.0%減、客単価0.3%増

全店売上高は547億8800万円(0.2%減)、部門別売上高は食品467億4200万円(0.0%)、衣料品19億2600万円(11.8%減)、家庭用品・雑貨53億4800万円(2.2%増)、その他7億7200万円(0.3%減)。店舗数276店

■アークス(2019年2月期:売上高5122億円)
既存店売上高0.4%減、客数0.7%減、客単価0.3%増
全店売上高0.1%減、客数0.5%減、客単価0.4%増、店舗数345店

■ヨークベニマル(2019年2月期:売上高4452億円)
既存店売上高1.8%減、客数1.2%減、客単価0.6%減
全店売上高0.1%減

■ヤオコー(2019年3月期:売上高4350億円)
既存店売上高0.4%増、客数1.0%減、客単価1.4%増、一品単価0.0%、買上点数1.3%増
全店売上高3.4%増、客数1.9%増、客単価1.4%増、一品単価0.0%、買上点数1.3%増

■バロー(2019年3月期:SM事業売上高3533億円)
既存店売上高7.9%減、客数6.1%減、客単価1.9%減
全店売上高6.7%減
1月は2日間の全店休業日を導入した

■サミット(2019年3月期:売上高2938億円)
売上高220億2800万円、既存店売上高0.0%、客数0.2%増、客単価0.4%減
全店ベース売上高1.0%増、内訳は食品208億6100万円(0.9%増)、住関品11億6100万円(2.8%減)、その他800万円(7.3%増)。店舗数は116店
既存店の売上高は月商ベースで算出、客数、客単価は日商ベースで算出

■マックスバリュ西日本(2019年2月期:売上高2749億円)
既存店売上高3.0%減、客数4.2%減
全店売上高4.1%減
出店0、閉店0、店舗数185店

■オークワ(2019年2月期:売上高2651億円)
売上高233億8000万円(既存店前年比0.9%増)、客数0.6%減、客単価1.4%増、買上点数0.0%、一点単価1.4%増
生鮮食品103億1100万円(3.0%増)、加工食品96億8700万円(0.3%増)、食品合計199億9800万円(1.7%増)。住居用品25億5200万円(2.1%減)、衣料品8億2900万円(8.2%減)、住居・衣料合計33億8200万円(3.7%減)。総店舗数158店

■アクシアルリテイリング(2018年3月期:売上高2328億円)
既存店売上高0.8%減、客数0.5%増、客単価1.3%減
全店売上高1.7%増、客数2.8%増、客単価1.1%減

■マックスバリュ東海(2019年2月期:売上高2277億円)
既存店売上高0.7%増、客数0.1%減、客単価0.9%増、一品単価0.2%増、買上点数0.6%増
全店売上高44.1%増、客数49.5%増、客単価3.6%減、一品単価9.5%増、買上点数12.0%減
出店0店、閉店1店、店舗数225店
9月1日付で、マックスバリュ中部を吸収合併しており、店舗数が102店増加している。

■ベルク(2019年2月期:売上高2255億円)
既存店売上高3.2%増、客数1.9%増、客単価1.2%増
全店売上高6.6%増、客数5.0%増、客単価1.6%増

■いなげや(2018年3月期:SM事業売上高2035億円)
売上高146億6200万円
既存店売上高1.5%減、客数1.7%減、客単価0.2%増、一点単価1.1%減、一人当たり買上点数1.3%増
全店売上高0.3%減、客数1.4%減、客単価1.1%増、一点単価0.9%減、一人当たり買上点数2.1%増
店舗数136店

■東急ストア(2019年2月期:売上高2025億円)
売上高163億2800万円、既存店売上高0.4%減、客数0.5%減、客単価0.1%増
食料品145億6700万円(0.5%減)、衣料品1億8800万円(6.1%減)、住関品8億2100万円(5.2%増)、その他7億4900万円(1.9%減)

全店ベースの前年同期比は、総売上高0.7%減、客数0.2%減、客単価0.5%減。食料品0.1%減、衣料品15.6%減、住関品2.5%増、その他12.1%減。総店舗数85店

■マックスバリュ九州(2019年2月期:売上高1774億円)
既存店売上高0.1%増、客数1.3%減、客単価1.4%増、一品単価1.3%増、買上点数0.2%増
全店売上高3.5%増、客数2.6%増、客単価0.9%増、一品単価0.9%増、買上点数0.0%
出店0店、開店0店、店舗数162店

■マックスバリュ北海道(2019年2月期:売上高1292億円)
既存店売上高2.4%増
全店売上高2.9%増

■ハローズ(2019年2月期:売上高1273億円)
既存店売上高104億8700万円(2.4%増)、客数2.2%増、客単価0.3%増
全店売上高111億600万円(8.4%増)、客数7.9%増、客単価0.5%増

■阪急オアシス(2019年3月期:売上高1125億円)
既存店売上高5.8%減
全社売上高1.9%減

■マックスバリュ東北(2019年2月期:売上高1032億円)
既存店売上高3.3%減、客数0.1%減
全店売上高3.1%減、客数0.2%増

■ヤマザワ(2019年2月期:SM事業売上高974億円)
既存店売上高4.2%減、客数1.0%減、客単価3.0%減
全店売上高4.7%減、客数2.1%減、客単価2.5%減

■成城石井(2019年2月期:売上高795億円)
既存店売上高0.8%減、客数0.6%減、客単価0.3%減
全店売上高5.0%増、店舗数154店

■スーパーバリュー(2019年2月期:売上高758億円)
既存店売上高6.8%減
全店売上高3.6%減

■ダイイチ(2018年9月期:売上高403億円)
既存店売上高3.4%増
全社売上高3.4%増、客数3.4%増、客単価0.0%
青果2.0%増、水産2.8%増、畜産4.8%増、惣菜4.0%増、デイリー3.9%増、一般食品3.6%増、日用雑貨10.8%増、その他5.9%減

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方