メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ラーメン・カレー・定食/7月既存売上リンガーハット25%減、日高屋26%減

2020年08月31日月次

ラーメン・カレー・定食8社が発表した7月の月次営業情報によると、既存店売上高は丸亀製麺13.8%減、王将フードサービス6.1%減、リンガーハット25.1%減、ハイデイ日高26.1%減、幸楽苑25.5%減、いきなりステーキ36.0%減、壱番屋10.7%減、大戸屋28.6%減だった。

■トリドールホールディングス(2020年3月期:売上高1564億円)
全業態既存店売上高14.5%減、客数19.3%減、客単価6.0%増。全店の売上高8.4%減。

うち丸亀製麺は売上高13.8%減、客数19.1%減、客単価6.5%増。

7月は開店5、閉店7、丸亀製麺店舗数852店、全店店舗数1060店。

■王将フードサービス(2020年3月期:855億円)
既存店の売上高59億8500万円(6.1%減)、客数590万2000人(11.6%減)、客単価1014円(6.3%増)。

全店の売上高61億1700万円(5.2%減)、客数603万9000人(10.8%減)、客単価1013円(6.3%増)。

7月は出店1、退店2、7月末店舗数732店舗。

感染防止対策の強化などが評価され、店内飲食が前月より0.9ポイント回復し、テイクアウト、デリバリー売上も対前年比60%増の水準を保った。

感染防止対策をより強化するとともに、デリバリー可能店舗を84店舗追加、生餃子の持ち帰りセールなど家庭で料理を楽しめる対策を拡充し、売上減少を食い止める計画だ。

■リンガーハット(2020年2月期:472億円)
既存店売上高25.1%減、客数23.9%減、客単価1.6%減。

うちリンガーハットは売上高27.9%減、客数25.4%減、客単価3.4%減。

浜かつは売上高12.7%減、客数14.0%減、客単価1.5%増。

全店売上高24.8%減、客数23.4%減、客単価1.8%減。

7月は出店0、退店8、期末店舗数はリンガーハット697、浜かつ98、その他10、合計805店。

■ハイデイ日高(2020年2月期:422億円)
既存店売上高26.1%減、客数28.8%減、客単価3.8%増。

全店売上高24.5%減、客数27.7%減、客単価4.4%増。

出店0、退店2、店舗数441店。

■幸楽苑(2020年3月期:売上高382億円)
既存店売上高25.5%減、客数24.2%減、客単価1.6%減、店舗数422店。

全店売上高31.6%減、客数31.2%減、客単価0.7%減、店舗数445店。

7月29日より幸楽苑のアンバサダーを務める「きゃりーぱみゅぱみゅさん」を起用した3篇の新CMを、東北6県をはじめとする10県のエリアで放送を開始した。コールセンターの設置と合わせてテイクアウトの売上拡大に注力する。

増加傾向にあるテイクアウトの要望に効率的に対応するため、7月16日より郡山本社内にコールセンターを設置した。電話での注文を一括で受け付けることにより各店舗は調理に集中でき、サービス向上につながるもの。

また、サントリー酒類の協力のもと、親子で乾杯できるオリジナルドリンクと万能調味料「幸楽苑の素」を開発した。7月9日より「幸楽苑ハイボール」および「乾杯サイダー」を新メニューに加えるとともに、「幸楽苑の素」を幸楽苑全店舗で販売開始した。

■ペッパーフードサービス(2019年12月期:売上高675億円)
ペッパーランチの既存店売上高25.5%減、客数25.8%減、客単価0.4%増。

全店売上高22.3%減、客数22.6%減、客単価0.4%増、国内店舗数190店。

レストラン事業の既存店売上高22.8%減、客数25.7%減、客単価3.9%増。

全店の売上高21.7%減、客数30.4%減、客単価12.6%増、国内店舗数15店。

いきなり!ステーキの既存店売上高36.0%減、客数25.7%減、客単価13.9%減

全店売上高55.1%減、客数46.6%減、客単価15.9%減、国内店舗数374店。

7月10日より、いきなり!ステーキにて「ワイルドステーキ 150g」(店舗限定)を販売した。

7月27日より、いきなり!ステーキにてテイクアウト&デリバリーアプリ「menu」の導入(一部店舗)を実施した。

■壱番屋(2020年2月期:売上高514億円)
既存店売上高10.7%減、客数13.1%減、客単価2.8%増

全店売上高10.7%減、出店3、退店3、店舗数1481店

客数は、都心部を中心に新型コロナウイルスの影響による落ち込みが続いているものの、減少幅は徐々に縮小しており、前年比13.1%減となった。

客単価は、店内飲食客数が減少した反面、単価の高い宅配売上の構成比が増加したことなどにより、前年比2.8%増となっている。

■大戸屋(2020年3月期:245億円)
既存店売上高28.6%減、客数25.9%減、客単価3.7%減、店舗数282店。

全店売上高18億9856万円(31.9%減)、店舗数332店。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方