流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





無印良品/8月既存店売上9.9%減、天候不順で衣服・雑貨苦戦

2021年09月08日 11:00 / 月次

無印良品を展開する良品計画(2020年2月期売上高:4387億円)が発表した8月の月次概況によると、オンラインストアを含む直営既存店は、前年比で売上高9.9%減、客数2.9%増、客単価12.5%減となった。

オンラインストアを含む直営全店は売上高4.6%減、客数5.2%増、客単価9.3%減だった。

直営既存店の部門別の内訳は、衣服・雑貨23.1%減、生活雑貨9.2%減、食品16.6%増となった。また、直営全店の部門の内訳は、衣服・雑貨19.4%減、生活雑貨3.9%減、食品25.6%増だった。国内では、8月の出店はなかった。

レトルトカレーを中心とした食品が引き続き高い伸び率を維持し、客数も前年比プラスとなった。先行して価格見直しを行った、体にフィットするソファや羽根まくらの売上が好調に推移した。一方、緊急事態宣言と天候不順で衣服・雑貨の売上が伸び悩んだ。

8月31日に「くらしを支える」約200品目の大規模価格改定を発表した。

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧