小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

デジタル改革と経営/良品計画、ミツカン登壇、12月2日開催(無料)

セミナー/2019年11月15日

日本ビジネスプレスは12月2日、「ビジネス・アクセラレーション・フォーラム 2019」を開催する。

多くの中堅・中小企業やベンチャー・スタートアップ企業は、大企業と比較してIT投資に積極的ではない。財務省「法人企業統計」(2015年)によれば、大企業では従業員一人当たり50~60万円程度のICT資本の整備が行われている一方、中堅・中小企業ではその10分の1となる5万円程度しか整備されておらず、企業規模による乖離がいかに大きいかを現している。

また、経済産業省「中小企業・小規模事業者の生産性向上について」(2017年10月)によれば、中小企業の生産性は「近年は改善傾向にあるものの、20年平均で見れば、中小企業は製造業、非製造業とも、労働生産性が低下」とされている一方、「大企業は生産性を向上させており、大企業と中小企業の生産性の差は拡大」と指摘されている。しかし、中小企業の中でも、大企業以上に高い生産性を上げ、高収益体質を実現している成長企業が多数存在している。

今回、中堅・中小企業、ベンチャー・スタートアップ企業の経営者・経営者幹部を主な対象としたイベント「ビジネス・アクセラレーション・フォーラム 2019」を開催。特別講演には、良品計画の金井政明会長を招き、同社が時代や社会の変化の中で何を考えてきたのか、進むグローバル化、格差、ローカルへの対応など、無印良品の思想と戦略などについて講演する。

また、基調講演には、Mizkan Holdings執行役 Chief Digital Officer デジタル戦略本部 本部長の渡邉英右氏が登壇し、創業より215年も続くミツカングループが試行錯誤をしながら成長してきた歴史を紹介。同社がどのようにデジタルトランスフォーメーションへ取り組み、デジタル変革の推進を行っているのかについて具体例を交えながら説明する。

■開催概要
日時:2019年12月2日(月)13:00~17:35(12:30開場)
会場:コングレスクエア日本橋
主催:日本ビジネスプレス
定員:200人 ※応募者多数の場合、抽選を実施
受講料:無料(事前登録制)
受講対象者:中堅・中小企業、ベンチャー・スタートアップ企業の経営者、役員、チーフオフィサー、経営企画部門、営業・マーケティング部門、経理・財務部門、人事部門、IT部門などの部門長、管理職
※企業・団体にご所属でないお客さまにつきましてはご参加いただけません
協賛社:リブ・コンサルティング

■詳細・申込
https://www.ismedia.jp/ts/seminar/20191202/

■プログラム
12:30 開場

13:00~13:05 開会挨拶
鶴岡 弘之JBpress編集長

13:05~14:05 基調講演
渡邉 英右氏
Mizkan Holdings執行役員 Chief Digital Officer デジタル戦略本部 本部長
創業より215年、ミツカングループにおけるデジタルトランスフォーメーション
日本企業が持続的な成長を遂げるために必要な視点、考え方。

14:05~14:45 既存客という資産を新規顧客獲得に転換する「経営戦略としての紹介営業」
権田 和士氏
リブ・コンサルティング常務取締役 CHRO
セミナーでは、これまで社内で築き上げてきた顧客という資産を活用して、新しい売上、新しい顧客を獲得するメカニズムを解説。マーケティング&セールスの仕組みづくりにおいて日本最大規模(約400件/年)の実績を誇る同社が「成熟期におけるセールス強化」のノウハウを伝授する。

14:45~15:00 休憩

15:00~15:40 調整中

15:40~16:20 調整中

16:20~16:35 休憩

16:35~17:35 特別講演 MUJIが生まれる「思考」と「言葉」
金井 政明氏
良品計画代表取締役会長
「消費社会へのアンチテーゼ」という36年前の旗印がその後の良品計画に何を植え付けたのか。時代や社会の変化の中で何を考えてきたのか。進むグローバル化や格差、ローカルへの対応など、無印良品の思想と戦略、これからの活動について紹介する。

■問い合わせ
セミナー事務局
日本ビジネスプレス内
TEL:03-5577-4364(10:00~18:00)
メールアドレス:seminar@jbpress.co.jp

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧