メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ワークマン土屋専務登壇/ポストコロナのDX、SNS販促解説9月30日無料WEB開催

2020年09月09日セミナー

日本ビジネスプレスは9月30日、オンラインセミナー『リテール・イノベーション 2020~ポストコロナ時代に求められる小売業の「攻め」と「守り」のデジタルシフト~』を開催する。

わが国の小売業は、もとより人手不足やオーバーストア、ECによる市場浸食といった根深い経営課題を抱えていたところに、今回のコロナショックにより大きな打撃を受けた。

今後も事業を継続し、新しい成長軌道に乗せるためには、デジタルシフトによる生産性の向上が待ったなしの状況となっている。

今回、小売業に求められるデジタルシフトについて、省人化や業務効率化、コスト削減といった「守りのデジタルシフト」と、データ活用やオムニチャネル戦略の推進といった「攻めのデジタルシフト」について総合的に考察する。

また、ワークマンの土屋哲雄専務が特別講演を実施。「デジタル戦略で第2のブルーオーシャン市場開拓」と題し、ワークマンの「データ経営」「SNS販促」「永遠のAmazon対策」を軸に、なぜワークマンは「データ経営」を「客層拡大」と並ぶ長期の2大経営方針としたか、Amazonに絶対に負けないためにどのような施策を行ったかなどについて解説する。

■開催概要
日時:2020年9月30日(水)13:00~17:00(12:30からログイン可能)
主催:日本ビジネスプレス
受講料:無料(事前登録制)
受講対象者:小売業の経営者・役員・経営企画部門、人事・労務部門、店舗運営部門
マーケティング部門、デジタル推進部門、IT部門の幹部など
※企業・団体にご所属でないお客さまにつきましてはご参加いただけません。
協賛社:Yext、マクニカネットワークス、SmartHR、ソートスポット
※協賛企業の競合製品・サービスを取り扱う企業は参加をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※応募者多数の場合は、抽選

■詳細・申込はこちら
https://jbpress.ismedia.jp/ts/seminar/20200930/?=ryutsuu

■タイムテーブル
12:30~ ログイン可能

13:00~13:05 2030年の小売業界に求められること
JBpress Digital Innovation Review(JDIR)編集統括 
元商業界オンライン編集長   鈴木 顕宏

13:05~13:50 基調講演 
激論「なぜ、日本の小売業界ではDXが進まないのか?」

デジタルトランスフォーメーション(DX)が、企業において進まない理由、経営者の意識の問題、組織の縦割り問題、従業員のデジタル意識度の問題といった課題を解消するためのDXの本質について、論点を整理し、その解決策を論議する。

講演者
一般社団法人日本オムニチャネル協会
会長
デジタルシフトウェーブ
代表取締役社長
鈴木 康弘氏
 
神奈川大学
経営学部 国際経営学科
准教授
中見 真也氏

13:55~14:25 セッションⅠ 今、求められる検索体験のDX戦略と事例

消費者のカスタマージャーニーは検索から始まり、消費者のデジタル上での検索体験を最適化することは、今やリテール業界が対応しなくてはいけない最も重要な課題の一つ。検索エンジン、ブランドの情報が検索されるであろう地図アプリ、音声アシスタント、SNS、さらに自社サイト来訪者にコンバージョンを促進させるためのサイト内検索など、あらゆる接点での消費者の検索体験を最適化する方法を紹介する。

講演者
Yext
セールスエンジニアリング部
リード セールス エンジニア
笹原 健氏

14:30~15:00 セッションⅡ
ハイパーオートメーションで攻めのDX~AIで商品登録業務はどこまで自動化できるのか~

少子高齢化社会の中、日本は今後の10年間でおよそ10%の生産年齢人口の減少が見込まれている。人材の争奪戦がさらに激化する中、RPAやAIなどのテクノロジーを業務に適用し、自動化を進めていくことがビジネス拡大には必須。一方で、どんな業務領域が自動化できるのか、DXを進めていく上で優先順位をどうするのか?米国大手小売企業の実例を元に、AIを使った業務の自動化の進め方に関して講演する。

講演者
マクニカネットワークス
AIビジネス部
平原 郁馬氏

15:05~15:35 セッションⅢ
経営課題の解決は、間接部門のコスト削減から!カギを握る「人事労務業務のクラウド化」とは?

多拠点展開を行う小売業の企業にとって、労務分野の法対応は本業への負荷を高める要因。中長期的な経営課題に取組む為には、まず無駄な業務を減らし、人材活用のリソースを確保することが重要。クラウド人事労務ソフトSmartHRが、業務効率化から人材活用まで、デジタルシフトのモデルについて事例も交え解説する。

講演者
SmartHR
セールスグループ チーフ
大谷 優一氏

15:40~16:10 セッションⅣ
ウォルマートに学ぶデータ活用術
~現場の最前線によるデータドリブンな意思決定が組織を成功に導く~

ダイナミックプライシングによる在庫超過の解消、商品別の詳細かつ迅速なデータ分析を通じた品揃え・販売の強化など、サバイバル時代においてデータ活用を通じた差別化がますます求められている。ウォルマート社が採用したソートスポットは、ビジネスユーザー向けの全く新しいデータ分析プラットフォーム。直感的で使いやすい検索インターフェイスやAIによる自動的なデータ分析が、いかに現場の最前線の意思決定を支援するか、ウォルマート社を中心に国内外の事例やデモを交えて説明する。

講演者
ソートスポット
シニア ソリューション エンジニア
赤栗 雅史氏

16:15~17:00 特別講演
デジタル戦略で第2のブルーオーシャン市場開拓
~ワークマンの「データ経営」「SNS販促」「永遠のAmazon対策」~

絶好調、ワークマンの土屋専務が語り尽くす
1、なぜワークマンは「データ経営」を「客層拡大」と並ぶ長期の2大経営方針としたか
2、全く同じ製品を一般客とプロ客に時間帯を分けて販売するWORKMAN Plus店の大成功の秘訣
3、販促費がゼロになるワークマン独自のWin-Win関係のアンバサダーマーケティングの仕組み
4、Amazonに絶対に負けないための店舗在庫活用型「クリック&コレクト」通販
5、ワークマン独自の「善意型」サプライチェーンの実践

講演者
ワークマン
専務取締役
土屋 哲雄氏

■問い合わせ先
セミナー事務局 日本ビジネスプレス内 
メールアドレス:seminar@jbpress.co.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方