流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





三菱商事など/物流の環境・雇用・ロボサブスク解説6月15日~17日無料開催

2022年06月06日 13:00 / セミナー

プロロジスは6月15日~17日、「PROLOGIS CONNECT#01」をオンライン開催する。

<「環境」「雇用」「ロボサブスク」など紹介>
「環境」「雇用」「ロボサブスク」など紹介

物流領域において多様な関心を持つ顧客と、新規性や独創性のあるソリューションを提供する企業を結び付ける場として、新たにオンラインセミナー「PROLOGIS CONNECT」を始動する。 初回は、サステナビリティに対する多面的なアプローチをテーマに、「環境」「雇用」「ロボサブスク」のウェビナーを3日間にわたり実施。物流領域での活用事例やユーザーのリアルな声も紹介する。

■開催概要
開催日時:2022年6月15日(水)、16日(木)、17日(金) 
会場:オンライン(Zoom)
参加費:無料
対象:荷主企業、物流会社

詳細はこちら

■申し込みはこちら
6月15日:ゼロボード事例
https://prologis.zoom.us/webinar/register/WN__QMbtsZFQ9ODnQuTMhr8MA

6月16日:タイミー事例
https://prologis.zoom.us/webinar/register/WN_CYDPsO-jQIONVLK1pTb9ig

6月17日:三菱商事/Roboware事例
https://prologis.zoom.us/webinar/register/WN_TueuOAjER1mXsFbadKOmxw

■プログラム
6月15日(水)16:00~17:00
企業価値向上のための脱炭素経営
ゼロボード 代表取締役 渡慶次 道隆氏

プライム市場上場企業に気候関連財務情報の開示が求められるようになり、多くの会社が脱炭素経営へ向けた取り組みに着手しはじめている。しかし、それを企業の成長戦略と位置づけ、全社的に取り組んでいる会社は、国内ではまだわずかだ。非常に動きの速いカーポンニュートラルに関するグローバル情勢、産業界の動向、ゼロボードのサービス概要を解説し、なぜ脱炭素経営が企業価値向上につながるのかについて解説する。

6月16日(木)16:00~17:00 ユーザー対談形式
物流現場の人手不足を解消する、ギグワーカーの活用事例
タイミー 事業開発部 物流部門 事業部長 眞玉 京氏

スキマバイトサービスの 「タイミー(Timee)」は、これまでに多くの荷主・物流会社に活用され、物流業界の雇用課題を解決してきた。今回は、実際にタイミーを活用して人手不足を解消した企業を招き、タイミーの具体的な活用方法を対談形式で紹介する。

6月17日(金)14:00~15:00 ユーザー対談形式
倉庫ロボットのシェアリングは可能か?~Robowareユーザー様の実例紹介と対談!~
三菱商事 物流開発部 マネージャー 中村 遼太郎氏

月額制倉庫ロボットサーピスRobowareにて、ユーザーとのパネルディスカッションを開催する。

ゲストパネリスト
LIXIL(Ranger GTPユーザー)
福岡吉田海運(Omni Sorterユーザー)

■問い合わせ先
プロロジス プロロジスコネクト事務局(本庄/鈴木)
住所:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング21階
Mail:pldnews@prologis.co.jp

関連記事

関連カテゴリー

セミナー 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧