小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

大和リース/長野県佐久市に複合商業施設「フレスポ佐久インター」

大和リースは4月18日、長野県佐久市に複合商業施設「フレスポ佐久インター」を着工した。

<フレスポ佐久インターの完成予想図>
フレスポ佐久インターの完成予想図

フレスポ佐久インターの完成予想図

フレスポ佐久インターの完成予想図

佐久ICの目の前という立地での商業施設で、産直・土産物店が核テナントで入居し、信州の魅力ある資源を発信しながら、地域の方や、観光に来られた方にも喜んでいただけるような施設づくりに取り組む。

規模は、知基地1.4万m2、平屋6棟建て、延床面積2825m2で、物販店、飲食店、カフェ、産地直売店など全10店舗を予定しており、今年9月に1期、来年3月に2期のオープンを予定している。

フレスポは、フレンドリースポットの略称で「日常生活に便利なショッピングセンター」をコンセプトに展開しており、長野県下ではフレスポまるこ(上田市)、フレスポ大町(大町市)に続く3か所目。

<位置図>
位置図

■フレスポ佐久インターの施設概要(予定)
敷地面積14,121m2
延床面積2,825.52m2
構造・規模:軽量鉄骨造平屋建て計6棟
駐車場台数:157台(バス用9台含む)、バイク用35台
設計・監理者:ディーエス設計、大和リース
施工者:六協

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧