小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東急百貨店/「たまプラーザ店」食料品フロア「東急フードショー」に刷新

東急百貨店は3月14日、横浜市青葉区の「たまプラーザ店」の食料品フロアを「東急フードショー」にリニューアルする。

<「たまプラーザ店」食料品フロア「東急フードショー」に刷新>
「たまプラーザ店」食料品フロア「東急フードショー」に刷新

「東急フードショー」は2000年に東急百貨店東横店で誕生し、「楽しいから もっと美味しい」をコンセプトに、「食のライブ感の演出」、「シズル感のある商品提案」、「食をファッションと捉えた提案」、「ワンランク上の日常の提案」、「大切な時、特別な日に頼られる売場を」などをテーマにした売場づくりを行い、デパ地下ブームの火付け役となった。

従来は都心店および百貨店店舗を中心にフードショーブランドを構築してきたが、現在は郊外店やSC、食品専門店でも進めている。

2018年11月の青葉台店に引き続き、たまプラーザ店の食品フロアを3月14日に「東急フードショー」としてリニューアルオープンする。

たまプラーザ店食品フロアでは、2017年に「サンクゼール」などを導入し食品エリアを拡大。

2018年、デイリーマート グロッサリーゾーンへ「北野エース」を導入しグロッサリー商材を拡充と、段階的に新たな食の提案を行ってきた。

今回、「デイリーマート」において、「個食対応」「半調理品」など消費者ニーズの変化に合わせたMD強化、スペシャリストの設置による接客サービスの向上、「オリーブオイル」と「お米」の専門店を導入し多様化する嗜好へ対応する。

さらに、導線の拡大やゾーニングの変更などの環境整備・美化による快適な売場づくりを実施し、「THE MARKET PLUS(ザ マーケット プラス)」へとリニューアルする。

「ザ マーケット プラス」では、オリーブオイル専門店「オーズファーム」は、小豆島の自社農場産のオリーブオイルや加工品を販売する。

オリーブオイルソムリエが、厳選した世界各国100種類のオリーブオイルをシェフが常駐し、料理へのアドバイスも行う。

「5つ星お米マイスター」が厳選した全国の「米」と好みで精米する「玄米」を量り売りする「結米屋」も出店する。

■東急百貨店たまプラーザ店
住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-7
TEL:045-903-2211
営業時間:店舗10時~20時、5階レストラン11時~22時30分(オーダーストップ22時)
※もりもり寿し 最終入店 21時30分(オーダーストップ22時)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧